振り遅れた時にヘッドが来るのを待つには何に気をつければいい?

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはシュウです。

 

スイング途中で振り遅れた!

でも途中で止められない。

 

・・・結果スライスしてOB。

そんな事はよくありますね。

 

振り遅れる原因が何なのか分かります?

 

飛ばそうとするほど振り遅れは出やすくなります。

少し視点を変えれば意外に振り遅れはなくなりますよ。

ヘッドが来るまで体は待て

スポンサーリンク

昔よく言われたんですが、

スイングはクラブヘッドが来るまで待たないといけない。

 

これ簡単そうで意外に難しい!

 

体ばかりを使ってスイングしている時は、ほぼ待てないと思います。

体が先にいってしまいヘッドが追いついてこないですから。

 

そういう僕もそうでした・・・。

 

飛ばそうと体を目いっぱい使ってスイングすればするほど振り遅れます。

 

クラブヘッドが全然下りてきてもないのに体は回ってしまっている。

 

こうなると軌道もアウトサイドからしかクラブヘッドは出て来なくなります。

そして振り遅れた分、フェイスも開いたまま当たってしまうのでスライスしか出ない。

 

それも弱いスライスです。

飛距離も出ません。

 

無理に返せば恐ろしいくらいのチーピンが出る事も!

 

振り遅れないためにはヘッドが来るまで体が待つ必要があります。

これがゴルフで一番大事で難しい所ですね。

ヘッドが来るまで待つにはどうすればいい?

ではどうすればヘッドを待てるのか?

これが疑問ですね。

 

これ発想を変える必要がありますよ。

いつもボディターンで打っている方は特に。

 

腕を早く下ろす。

 

これ大事です。

腕が下りる前に体が回るから振り遅れてしまいます。

 

腰の位置まで下ろす。

 

ここまで下りれば体は回っても、それほど振り遅れる事はなくなりますよ。

そしてオーバースイングになるほど腕を戻すのが難しくなります。

 

オーバースイングになると、

元の位置に戻すのも肩で引っ張りやすくなるのですぐ肩が開いてしまうんです。

 

まずはスリークウォターくらいでスイングして腕を早く下ろしましょう。

その時体は回す意識はなくてOKです。

 

体が回れば腕はもっと早く下ろさなければならなくなってしまいます。

リズムも狂うし逆にミスが増えてしまいます。

体は止めようと思っても勝手に回ってしまいますから。

スポンサーリンク

下半身は回すより踏ん張る

スイングをする時は下半身始動で切り返せと言われたと思います。

 

下半身から動くのはいいと思います。

でも下半身は回すだけだと肩も開きやすくなります。

 

下半身は回すより踏ん張る。

こちらの方が振り遅れが減りますよ。

下半身を早く回すと体ばかり回ってクラブヘッドがついてこれなくなり、

結果振り遅れてしまいます。

 

下半身を踏ん張る事で肩の開きも抑えれるのでクラブもインから出やすくなってきます。

アウトサイドインになるのは体が先行して振り遅れているからなので、体は待つ。

そのためには下半身は踏ん張る。

 

グリップが腰まで下りてきたら体を思いっきり回しても振り遅れは減ってくるはずです。

まとめ

クラブヘッドを待つには

 

腕を早く腰まで下ろす。

下半身は踏ん張る。

 

いつもと違う感覚と思いますが発想を変えないと振り遅れはなかなか減らないので。

いつもボディターンで振っている方は、

一度体を止めるくらいの意識で丁度いいかもしれないです。

 

まずは腕を振りましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です