髪の手入れって大変ですね。

毎日の事なので正直めんどくさいと思います。

 

でも日々の手入れで髪の状態は変わってしまいますよ。

正しいケアで綺麗な髪を維持しましょう!

スポンサーリンク

髪を朝洗っていませんか?

髪を夜に洗うと寝る前に乾かさないといけないですね。

長さがあると乾かすのに30分かかる方もいるでしょう。

 

夜は少しでも長く眠りたいって思いますが朝に洗うのは良くないです。

髪には色んな汚れがついているので、その日の汚れはその日のうちに落としましょう。

 

朝シャンは薄毛の原因にも繋がりますよ。

拭き取りはゴシゴシしない

髪の水分を取る時は、タオルで包み込んでポンポンと優しく水分を取りましょう。

 

間違ってもゴシゴシ拭き取ってはダメですよ。

 

水分をしっかり取っておくとドライヤーの時間が短縮できますよ。

洗った後はすぐに乾かしましょう

せっかく髪を洗ってもそのまま長時間放置するのは髪にとってマイナスです。

髪は濡れた状態だとキューティクルが開いたままなんです。

 

摩擦に弱く、人間で言うと裸の状態です。

 

洗ったら乾かしてキューティクルを閉じてあげましょう。

 

濡れたままの状態は頭皮から皮脂が多く分泌されるので、せっかく洗ってもまた汚れてしまいます。

素早く乾かしてあげましょう。

これも薄毛の原因になりますよ。

スポンサーリンク

ドライヤーの当て方にも注意しましょう

乾かす時はドライヤーを使いますが、

一点集中であてると髪は焼けてしまいます。

根元からまんべんなく風をあてながら形を作っていきましょう。

最後にブラシで梳かしながら熱をあてると艶が出て綺麗になりますよ。

カラーリングをしている方は注意しましょう

健康な髪には髪の表面に羽毛の様なものがあります。

地肌から出た脂を毛先まで運ぶ役割をしていますが、

カラーリングをすると剥がれ落ちてしまうので脂を運ぶことができません。

 

洗い流さないトリートメントをつけて脂を補いましょう。

アイロンを使う場合も頻度を考えましょう

アイロンを入れると艶が出て綺麗になりますが、

使う時は温度に気をつけて毎日使うのは避けましょう。

しっかりつけたいからと言って高温で使用すると髪のタンパク質が焼けてしまいます。

一度そうなると元には戻らないので気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

手入れと言っても難しい事ではないですね。

毎日の事なので継続する事が大事です。

仕事が忙しく帰宅時間が遅くなる時もあるでしょう。

一日で髪は傷む訳ではありませんが積み重ねで傷んでしまうので、

日々の手入れを気をつけましょう。

シャンプーのすすぎ時間はどれくらい?すすぎ時間短すぎませんか?

2018年10月3日

髪は手入れ方法で変わる!艶を出すのはトリートメントではないですよ

2019年3月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です