M3Dトリートメントでダメージ!?回数をすれば良くなるのは間違い?

数年前は話題になったトリートメント。

そうM3Dです。

私の店にもつい最近されていた方が来られました。

今までも何人か来られてますが。

 

見た感想は・・・。

 

髪に水分がなくパサついた状態でスタイルにならないです・・・。

 

私も以前勤めていた店では使っていました。

講習にも行きましたが「凄い事をするんだな」が第一印象でした。

 

今回は少しこの事について載せていきますね。

スポンサーリンク

髪のダメージは元に戻る?

髪は爪などと同じで神経もなければ血管も通っていないですよね?

 

皮膚と違い、自己修復機能はありません。

そう、ないんです。

 

一度傷んだ髪が元に戻るなんて奇跡みたいな事はないんですよ。

 

巷では、このトリートメントを使うと髪が艶々、

サラサラになりますってうたい文句の物が多いですね。

 

実際トリートメントと言えど表面をコーティングしているだけで、

栄養はほとんど中に入りません。

その状態を少し改善できても修復はできないのが事実なんですね。

M3Dの艶はどうして出る?

されたことがある方は分かると思います。

ドライヤーやアイロンと言った物でかなりの熱をあてられたのでは?

 

・髪が悲鳴をあげるくらいの高温をあて続けます。

・熱を使いキューティクルの上に膜をはります。

・最後はアイロンを使いガラス化させより定着させる。

 

写真を取れば艶々な髪が写ると思います。

熱でコーティングするのでやった時は綺麗に艶が出たように見えます。

でもそんなに高温を何度もあてると髪はどうなると思いますか?

カラー剤を使ったトリートメント

トリートメントと言えば手触りが良くなりサラサラになるイメージがありますね。

従来のトリートメントは髪の中に栄養を入れて、

表面をコーティングするってものがほとんどです。

 

トリートメントで失敗したと言えば質感が重くなってベタツクって感じですね。

 

でもM3Dは、トリートメントと言う名目なんですが、

カラー剤(アルカリ剤)を使って施術していきます。

レベル(明るさ)の高い物を使用して、髪のキューティクルを開いていきます。

アルカリが強いほど髪は膨潤するのでレベルの高めな物を使います。

 

そしてM3Dを配合した物を塗っていきます。

栄養を入れるためにアルカリ剤を使う・・・。

髪にいいんだろうか?

 

そう思いませんか?

 

回数を重ねるほど明るくなっていきます。

明るくなってくればレベルの低い薬剤を使い明るさを下げるんですよ。

 

毎月カラーを塗って髪が綺麗になると思いますか?

スポンサーリンク

トリートメントで癖がなくなった

これも注意してくださいね。

癖が伸びるのはストレート(植毛矯正)をするからです。

 

トリートメントをして伸びる事はまずありえません。

トリートメント剤の中に少量の薬剤が入ってたりします。

でもそんなものを毎回使うとどうなるか分かりますよね?

 

真っ直ぐになると改善されたと思ってしまいがちですが、

直ってる訳ではないですよ。

一度焼けた髪は元に戻らない

高温の熱でキューティクルを整えていきますが、

髪はタンパク質でできています。

 

よく例にする事ですが、卵焼きを作ります。

でも焦げてしまい真っ黒になってしまいました。

これって元に戻りますか?

これと同じ事が髪の毛に起こっているんですよ。

 

髪は修復機能がないので火傷をしても直りませんね。

 

傷んでしまった髪は結果切るしかなくなってしまうんですよ。

ピコトリートメントって?

聞いた事ありますか?

ピコ?

 

これサイズ(大きさ)の事です。

ナノ、ピコ。

 

物凄く小さい粒子と思って下さいね。

分子が小さいので髪の奥まで入ります。

浸透が高そうなイメージですね。

でも入るって事は出るんじゃないの?

 

中に入っても閉じ込めておかなければ意味がないですね。

 

パーマやカラーの時にタンパク質は使います。

これ栄養を入れる目的もありますが、髪を均一な状態にするのも目的です。

根元と毛先ではダメージの度合いが違うので毛先はあたりやすかったりします。

ムラができないようにしないとダメなので。

 

でも中に残ってるタンパク質って極微量しかないんですよ・・・。

今までしてたんだけどどうすればいいの?

今も継続してされてる方もいます。

全てを否定するつもりはありません。

気に入ってる方がいるのも事実です。

 

髪質によってはおさまるようになったと言う方もいるかもしれません。

 

でも貴方が、施術したけどダメージがひどくなったと思うならやめましょう。

今より良くなる事はありません。

 

髪がゴワツクだけでなく乾きにくい髪になっていたりしませんか?

 

髪は傷むと水分を吸い込みやすい状態になります。

必要以上に吸い込むので濡れているとゴムのように伸縮します。

その状態の髪は乾かしても乾きにくく、

乾けば水分を保持できないのでパサパサになります。

 

ここまで来ると切るしかないんです。

正直傷んでる部分はできるだけ落とす方がいいです。

でも短くなりすぎるから無理!

そんな方もいますね。

 

でも定期的に切ってなくしていって下さい。

もう治る事はないので・・・。

 

自宅でも水分を保持できるように乾かす前に、

オイルなどをつけて水分を極力閉じ込めるようにして下さいね。

最後に

トリートメントで失敗するなんて考えもしないと思います。

お客さんは高いお金を支払い綺麗にしてもらおうと思っています。

 

でも知識のない美容師は、

「これはいいですよ!」

「するだけでサラサラになりますよ!」

そう言われるといいと思ってしまい導入します。

いいか悪いのかも分からずに・・・。

 

やる側の勉強不足ですね。

良くなっていないと伝えた所で

「回数をしないと直らないですよ」

「手入れのやり方が悪いんですよ」

そう言われるのが多いみたいですね。

 

1回やって悪くなるなら2回やればもっと悪くなる。

そう考えて下さいね。

 

今後失敗しないためにも。

 

今回は私個人の意見が入っているので、

不快を与える事があるかもしれませんがご了承下さいね。

髪の梳きすぎは元に戻る?梳かれ過ぎた時の対処方はどうする?

2018年11月29日

髪の艶を出すブローのやり方は?これに気をつければ艶は出ます

2018年7月27日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です