美容室でお任せは危険?オーダーの仕方のコツを教えます

自分に似合うヘアスタイルならおまかせしたい。

そうオーダーする方もいます。

これって美容師からすると信頼されてるんだなって思うので正直嬉しいです。

 

でもおまかせの意味を履き違える美容師もいるのである意味危険です。

 

オーダーの仕方が分からないから「おまかせします」と言ってしまいがちですが、おまかせの使い方を解説しますね。

スポンサーリンク

おまかせが何故危険なのか?

おまかせにも色々意味があると思います。

普段から行き慣れている美容室なら

・好み

・職種

・ヘアカラーのできる明るさ

・手入れのレベル

これらを考慮してヘアスタイルを作っていきます。

 

でもいきなり初めての方に「おまかせ」と言われても、その方の情報が全くありません。

 

この人にはこんな髪型が似合うなと思っても気に入るとは限りません。

本人はカッコよくなりたかったのに可愛らしくなってしまったら真逆ですからね。

実際ヘアスタイルは気に入っても仕事上幼く見えるのでNGなんて事もあります。

ここはカウンセリングでよく話し合っていかないと分からないですから。

 

「おまかせ」はいつもの固定観念から脱出してイメチェンしやすいですが、

ライフスタイルと会わない髪型にされる事もあるので気をつけましょう。

オーダー方法ってどうすればいい?

なりたい自分はあるんだけど何てオーダーすればいいか分からない。

美容室に行くとあがって上手く話せない。

こんな方もいます。

 

写真を見せたいけど「恥ずかしい」「よくこの髪型を選んだな」って思われない?

こんな風にしたいけど写真を見せるのが恥ずかしいって人もいます。

 

あまり大幅に変えない時は伝わりますが、

・イメージを変えたい

・長さを切りたい

・パーマをあてたい

・カラーをしたい

 

こんな時は写真を見せてもらう方がイメージを把握しやすいです。

今はネットで検索すればヘアスタイルの画像はたくさんありますからね。

 

恥ずかしがらずにどんどんイメージを伝えて下さい。

担当美容師に「こんなヘアスタイル似合わないだろ」って思われないかな?

そんな事は思わないから安心してくださいね。

曖昧なイメージのまま進める方が怖いですからね。

スポンサーリンク

イメージを伝えたらおまかせもあり?

長さやヘアスタイルのイメージをオーダーできたら、細かい所はおまかせでもいいかなと思います。

 

仕事上あまり前髪を短く切れない。

色も明るいと注意される。

軽くし過ぎないで欲しい。

 

伝えないといけない事を伝えればある程度はおまかせもありでは?

 

でもこれも信頼関係のある美容師の場合ですが。

予約時にプラスメニューも考えてる事を伝えよう

自分ではスタイルを作るうえでパーマがある方がいいのか、なくてもいけるのか分からなかったりしませんか?

 

こんな時は

「もしかしたらパーマもお願いするかもしれません」

と伝えておきましょう。

 

予約がカットだけだとメニューチェンジできない時もありますよ。

あてる必要がなくカットだけでいけたからと言って文句は言われませんよ。

まとめ

おまかせにもリスクはある。

まるっきり「おまかせ」するのはやめておきましょう。

 

オーダーするのが苦手な方は画像、写真を見せてイメージを具体的に伝えましょう。

メニューチェンジをするかもしれない時は予約の段階で伝えておく。

 

カウンセリングも時間が長くかかりすぎても迷いが出てきてきます。

迷ってどっちにしたらいいのか分からない時はおまかせもありかな?

ただ「おまかせ」と言った後で、

「ここはもう少し短く切って」

「もっと段を入れて」

と言って来られる方もいます。

 

でもこれは「おまかせ」ではないですよ。

まかせたと言いながら結局自分で指定してますからね。

おまかせの使い方少し分かってもらえたでしょうか?

美容室で失敗される人の特徴は?原因は意外にお客さんにある事も!?

2019年9月12日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です