沈め釣りはフカセ初心者でも簡単に仕掛けが操作できる!

フカセ釣りをしていて一番難しいと感じるのは風です。

風が強いと仕掛けが流されたり操作が難しいですね。

 

ウキは目の前にあるのにラインが風に流されて弛んでしまう。

こうなるとアタリが出ても合わせる事ができないので釣果に影響が出てきますね。

初心者でも風に負けず1匹を釣り上げるには沈め釣りが最適ですよ!

スポンサーリンク

沈め釣りってどんな釣り?

沈め釣りとは読んで字のごとくウキを沈めて釣る釣り方です。

通常ウキを浮かせて釣りますが風や波が強いと思うように仕掛けを操作しにくくなりますね。

 

でもウキを沈める事によって風・波の影響を受けにくい最適な釣り方です。

普段ウキフカセをしている方には違和感を感じるかもしれませんが慣れれば釣果は上がりますよ。

沈め釣りのメリットは?

主にこんなメリットがあります。

・風・波の影響を受けにくい

・潮に流して釣れる

・仕掛けの操作がしやすい

・初心者でもできる

 

やっぱり風の影響を受けず釣れるのはストレスがなくなります。

ラインが弛まないので仕掛けの操作は楽になります。

潮の流れにに乗せやすいので初心者でも釣れる確率が高くなりますよ。

沈め釣りのデメリットは?

メリットがあればやはりデメリットもあります。

・タナが分かりにくい

・アタリは竿やラインでしか分からない

・ウキをなくしやすい

 

慣れないうちは仕掛けがどのあたりにあるのか分かり辛いので、どのタナで釣れたのか把握しにくいって事はあります。

通常のウキ釣りと違いアタリは竿先やラインの出方でとります。

 

竿を放置しておくとアタリに気づかない事もあります。

沈めて釣るので引っかかった時にウキをなくしやすいのも一つです。

スポンサーリンク

沈めるスピードで色んなタナを探れる

沈め釣りで一番いいと思う感じるのは狙える幅が広い事だと思います。

 

比較的浅いタナを狙う時は沈めるスピードをゆっくりにすれば沈むまでの時間が遅くなるので探りやすいです。

深いタナを狙う時は少し早めるとタナに届くまでの時間が短縮できます。

 

がん玉を多くつけて沈める必要がないので自然なスピードでエサを落としていきやすいです。

ウキ自体沈むタイプもあれば浮力の弱いウキに少しがん玉をつければ沈める事ができるので仕掛けはいたってシンプルですよ。

初心者でもアタリはとれる?

ウキがないとアタリ分かりにくいイメージがありますが、アタリは分かりやすいです。

竿を持っていればアタリの感触はモロに伝わってきます。

竿を放置していても竿がしなるのでハッキリ分かりますよ。

 

ウキがなくてもアタリは初心者でも分かるので大丈夫ですよ。

最後に

普段はウキ釣りも楽しめるので全然問題ないですが、風が強い日や波が荒い時は沈め釣りだとかなり楽になります。

 

今日は風が強いから仕掛けの操作が難しいなって思う時は一度試してみて下さいね。

この釣りに慣れたらこっちの方が釣りやすく感じるくらいですからね。

フカセ釣り・釣果を上げるには撒き餌と付け餌の同調は大事ですよ

2019年2月13日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です