スライスを直すには手を腰の位置まで早く下ろすのが鍵ですよ!

ここ最近までスライスなんて出ませんでした。

やり始めた頃は悲惨でしたが、ずっとドローボールで安定していました。

でもこれも出だすとなかなか大変です。

 

ドローを打つつもりで少し右を向くとOBになる事もあります。

ちょっと時間がかかりましたが、今回スライスの原因で気づいた事を載せていきますね。

スポンサーリンク

スライスが出るのは振り遅れ

スライスって結果的に言うと振り遅れるから出てしまうんです。

一生懸命振ってるから振り遅れじゃない!

 

そう思いがちですがこれ簡単に言うと腕を振れてないんです。

調子が悪くなると無意識に真っ直ぐ打とうとボールに合わせに行ったスイングになりがちです。

 

丁寧に打とうとするほど起こりやすいです。

体は回ってるけど腕がついてきていないのでスライスが出るなと思う時は腕を振る事を意識する方がいいですよ。

手を早く腰の位置まで下ろす

腕を振れと言いましたがこれもただ早く振ればいいと言う訳でもありません。

 

ボールを打ちに行くとクラブは開いて当たりがちです。

そうならないようにスイングをしないといけません。

これ手を右腰の位置まで早く下ろすのがコツです。

手が下りる前に体が回るとスライスが出てしまいます。

 

切り返しは下半身始動ですがその時に腕もまず右腰まで早く下ろすのが大事です。

スポンサーリンク

クラブフェイスを下に向けるイメージで下ろす

手を下ろして来て右腰の位置まで下りた時にフェイスが下を向くくらいのイメージです。

 

かぶせ過ぎだろ!

そう感じますね。

ゆっくりスイングすると下を向きすぎます。

でも通常のスイングをすると思ってるよりフェイスは開いているんですよ。

 

動画撮るとよく分かります。

スイングはイメージと実際のスイングはずれていますから。

 

フェイスを下に向けようとすると左手の手首は右掌の方に折れると思います。

この角度は大事です。

そこから右手で押し込んでいきます。

 

それでも右に飛ぶ時はまだ開いて当たっています。

もう少しかぶせる位の気持ちでスイングしましょう。

 

左に飛びすぎる時はかぶせ過ぎです。

少しずつ調整して自分のスイングの位置を探すと見つかりますよ。

 

左手首でイメージしにくい時は右掌を意識するといいですよ。

右掌とフェイスの向きは同じになるはずですから。

スイングは止めない

これも大事なポイントなんですが腰の位置に下ろす事に意識がいきすぎると、

スイングがそこで終わってしまいやすいです。

 

スイングを止めず腰から先も振っていきましょう。

腰の位置の角度に気を取られ過ぎず最後まで振り抜いて下さいね。

最後に

ゴルフは体が開く前に打つ方が球も強いし安定してきます。

 

飛ばそうと思うと体ばかり回ってクラブがついてこずスライスになりやすいです。

腰の位置まで上手く唐部を下ろせれば後は体を回していっても大丈夫です。

 

手が下りる前にスイングすると力のないスライスボールになりやすいですよ。

まずは手を下ろすのが大事ですよ。

ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

2020年2月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です