フカセ釣りの最強仕掛けは?どんな場面にも対応できるお勧め仕掛け

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはシュウです。

 

釣りに行ってボウズは避けたいですね。

 

風の影響や潮の影響で釣れにくい時もあります。

 

どんな状況でもボウズなしで釣れる最強仕掛けがあるとすれば試したいですね。

 

色んな場面で使える最強仕掛けを紹介しますね。

スポンサーリンク

フカセ釣りの大敵は風

フカセ釣りをされる方なら分かると思いますが、フカセ釣りで一番辛いのは風!

特に半誘導仕掛けだと流されて釣りにならない事も(*_*)

 

・半誘導仕掛けはウキが見えるのでどのあたりに仕掛けがあるのか分かりやすい。

・ウキでアタリを取れるので釣りやすい。

・タナをとりやすい。

 

メリットも多く人気の仕掛けですね。

 

でもデメリットもあります。

・風に煽られてポイントに投げれない。

・ウキが流されて撒き餌と同調しない

・ラインが弛んで仕掛けが入っていかない

・上潮の影響で仕掛けが立たない

風が強すぎると釣りにならない事もあります。

いかに風の影響を受けずに仕掛けを入れるかがポイントになりますね。

 

風対策に苦戦している方は多いのではないですか?

風の影響を受けない仕掛けとは?

風の影響を受けずに釣りをする仕掛けとは?

それはズバリ

 

沈め釣りです!

 

沈め釣りはウキの浮力より重いがん玉をつけて沈めるやり方もあります。

今回はもっとシンプルな仕掛けを紹介します。

 

ウキを沈め釣り専用に変えるだけです。

このウキが一番お勧めです。

 

釣研剛黒00号

 

重量もあるので遠投も楽にできますよ。

仕掛けをつけずウキだけだと、海水では浮きます(淡水では沈みます)。

 

浮力が少ないのでハリやハリス(フロロカーボン)、

エサの重みが加わるとウキ自体も沈んでいくので潮の流れに乗せながら釣る事ができます。

 

からまん棒でもいいですが潮受けストッパーの方がお勧めです。

がん玉を使わなくてもこれでも早めに沈める事ができますよ。

 

より早く沈めたい時はがん玉で調整でするといいですよ。

スポンサーリンク

チヌ釣り最強仕掛けの作り方は?

この仕掛けはシンプルです。

 

竿     磯竿1.5~3号 4.5~5.3m

リール   スピニングリール 2500番

ライン   ナイロン2号

ウキ    剛黒00号

潮受けストッパー

ハリス   フロロカーボン1.5号

ハリ    チヌ針2号 又はグレ針5号

リールからラインを竿に通しウキをつけます。

ウキ止めは使用しません。

 

そして潮受けストッパーを通しハリスとラインを直結します。

ハリスは5mほど取ります。

先にチヌ針2号、グレ針だと5号くらいの物を使います。

 

潮受けストッパーをハリから3mくらいの位置に固定します。

 

たったこれだけなのですぐに作れると思います。

 

竿は長めの方がいいです。

 

ガイドが細いとハリスを5m取ると竿の長さによっては、

直結部分がひっかる事があるので、引っかかる時は少し短くして下さいね。

 

潮受けストッパーを止める位置がハリに近いと沈むスピードは遅くなります。

逆にハリから遠くなると沈むスピードは早くなるので状況によって変えるといいですよ。

 

直結はストロングノットで結ぶのが一番簡単で丈夫です。

 

フカセ釣り初心者が注意する事は?波止釣りで釣れるポイントは?

2019年3月6日

グレ釣り最強仕掛け仕掛けは?

グレ釣りはウキを変えるだけで大丈夫です。

釣研エキスパート0cと言うのが剛黒00と同じように仕掛けの重さで沈んでいきます。

こちらのウキの方が少し軽めです。

仕掛けの作り方は同じなので他は変えなくても大丈夫です。

沈め釣りの釣り方は?

釣り方は通常とほぼ同じです。

撒き餌を撒いて仕掛けを投入します。

再度、撒き餌を撒きます。

 

がん玉を使う場合は先に撒き餌を撒いて、

少し時間をあけて仕掛けを入れると撒き餌と同調させやすいです。

 

グレ釣りの場合は先打ちが大事ですよ。

グレは目がいいので撒き餌と同調させないと警戒して食いが悪くなってしまうので。

 

ウキが浮いている時は仕掛けがまだ沈んでないと言う事です。

ウキが沈み始めたら仕掛けが立ったと言う事なので分かりやすいです。

 

ウキが沈んでいくと見えなくなるのでアタリは竿先やラインでとります。

 

この仕掛けは意外に入っていきやすいので深水のある場所でも使えますよ。

入りが悪い時は小さめのがん玉を一つつけるだけでも沈下速度はかなり早くなります。

最強仕掛けのデメリットは?

万能な仕掛けですがデメリットもあります。

 

・何処で釣れたか分かりにくい。

・ウキをなくしやすい。

 

僕が感じるのはこの二つくらいです。

 

何処で釣れたか分かりにくいですが、

毎回同じ所に投げてれば、仕掛けが入ってどれくらいの時間で、

アタリが出たかを確認しておくと大体の場所は判断できます。

 

ウキをなくすのは正直あります。

沈めていくので地形によっては少し根掛かりしてしまいます。

引っかかりが多い時は少しポイントをずらして下さいね。

 

少し余分に持って行く方がいいと思います。

最後に

この釣り方は釣果が出やすいです。

筏釣りもこの仕掛けでやりますが深水のある場所でも底に落としていく事はできます。

 

全誘導仕掛けもウキに浮力があると仕掛けの操作が難しいですが、

この釣り方は仕掛けが入っていきやすいので操作がかなり楽ですよ。

 

一度試してみて下さいね。

 

フカセ釣りの半誘導仕掛けと全誘導仕掛けの使い分けと釣り方は?

2019年2月17日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です