フカセ釣りの道具って何がいる?初心者向きのお勧めを紹介します

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはシュウです。

 

フカセ釣りを始めたいけど道具が分からない。

何を揃えればいいのか分からない。

 

これだけあれば大丈夫っていう物を所y介していきますね。

竿

竿はピンキリです。

値段も5000円くらいから高い物になると20万円と言う物もあります。

フカセ釣りを専門で考えるなら竿は1.5号~3号までの磯竿がいいです。

長さも4.5~5.3mと長さも少し短いものや長めもあります。

最初は4.5mあれば大丈夫です。

メーカーも色々ありますが、最初はあまり気にせず自分が気に行ったデザインからでいいですよ。

 

その竿で物足りなくなれば、次は違う物を買えばいいと思います。

 

最初にいい竿を持っても、それがいいのか良く分からないかもしれないので。

お値段も1万以内でいい物もたくさんあります。

磯竿で検索するといっぱい出てきます。

 

硬さは1.5~2号が一番使いやすいと思います。

僕は最初3号でしたが1.5号に変えてからの方が楽に上げれるので気に入ってます。

リール

リールは大きいのが釣れた時ようにあまり小さすぎない方がいいです。

2500~3000番あれば大丈夫です。

フカセ釣りはレバーブレーキが必要と言いますが、なくてもドラグで調整できますよ。

レバーブレーキはあると便利ですが、慣れないうちは投げる時に少し絡まったりしやすいかもしれません。

これもやっていくうちに必要を感じれば買いかえるといいですよ。

僕も最初はなしから入りましたので。

 

リールも特売コーナーや安いリールは売っていますので最初はそれからで大丈夫です。

ドラグを緩めろとよく言われますが、僕はきつく締めたままで釣ってました。

 

よほどのサイズでない限り大丈夫です。

タモ

フカセ釣りは竿の割に大物が釣れるので、タモがないと上げるのが難しいです。

タモも高い物もあります。

 

これあまり安すぎると一人で釣りをしてる時に、タモを伸ばそうとしても凄く出にくくて苦労します。

これはある程度の値段の物を買って下さいね。

7000円前後で充分なので。

バッカン

これはかなり重要なものです。

バッカンは撒き餌を入れて置くものですが、フカセ釣りは杓を使って投げます。

杓を使う時バッカンが柔らかいものだと、撒き餌を杓に入れにくくなります。

壁に押し付けていれるので、バッカンは固いものを買って下さい。

 

これは値段少しかかるかもしれませんが。

これで釣りやすさが全然かわるので。

 

買う時に悩みましたが、今は奮発して良かったと実感しています。

これもバッカン同様少し値段が高くてもいい物を買って下さい。

長さがあると遠投もできます。

 

僕は釣研のマック フロートマスターIIチタン80をお勧めします。

 

杓の大きさも選べますが、私はSなのですがMの方がいいと思います。

 

使いやすく丈夫ですよ。

小物類

ここからは主に消耗品です。

ライン

ラインも高い物はやはりいいです。

これは500m巻きなどもありますが、これは安すぎると糸ふけで絡まったりしやすいです。

ラインはナイロンで大丈夫です。

スピニングリールにフロロカーボンを巻くと絡まりまくります。

 

150m巻きくらいの2号で大丈夫ですよ。

ハリス

ハリスはフロロカーボンを使って下さいね。

比重があるので沈めやすいです。


1.5~2号のもので大丈夫です。

トヨフロンが安くて丈夫ですよ。

 

ハリスは長さの割にお金がかかります。

一番の消耗品かもしれないですが・・・。

ハリ

ハリは好みが分かれます。

色がついたものもあります。

オキアミと同化しやすいです。

グレ針5~7号

チヌ針2号くらいで充分使えます。

比較的値段の割にたくさん入ってるものもありますので。

ウキ

ウキは棒ウキを使う時もあれば円錐ウキを使ったりしますが、波止からだと円錐ウキがお勧めです。

重量もあるので遠投もしやすいです。

 

最初は3Bくらいのウキが使いやすいと思います。

ウキはなくすと釣りにならないので予備を多めに持っておいてくださいね。

少し値段はしますが、大事に使えば長く使えるので。

 

ウキも釣研さんの物が浮力管理もしっかりされているのでお勧めします。

慣れてきたらB00沈めウキも持っておくと便利です。

からまん棒

これは水中での目印にもなります。

仕掛けの入り方なども確認できるので、分かりやすい色がいいですよ。

 

からまん棒の変わりに潮受けストッパーに変えて早く沈めたり遅くしたりもできます。

最初はからまん棒からで大丈夫です。

ウキ止め糸

これは少し細めを使って下さいね。

磯竿はガイドが小さいので、太めを使うとガイドに引っかかりやすいので。

シモリ玉

これがないとウキ止めの糸をつけても意味がなくなります。

これは少し大きめでもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

後は集魚剤やサシ餌などですが、これは好みもあります。

安く上げても釣れる時は釣れます。

 

そして波止からだと足場が安定しているので服装もそこまで気を使わなくても大丈夫です。

ただ、夏は陽射しもきついので紫外線対策はしっかりして下さい。

 

道具は高い物はやはりいいですが、最初はそこまでお金をかけなくてもできますよ。

お金がかかりすぎるとやり始めるのに敷居が高くなってしまうので。

 

バッカンと杓はしっかり選んで下さいね。

フカセ釣り初心者が注意する事は?波止釣りで釣れるポイントは?

2019年3月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です