降水量1mmはどれくらい?海釣りができるのは何mmまで?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

釣りに行く時、雨だったら嫌ですね。

 

小雨くらいなら行きたいなと思いますが、あまりにひどかったら釣りどころではなくなりますね。

 

そもそもよく耳にする降水量1mmってどれくらいの量なんでしょうか?

釣りができるのは何mmまでなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

降水量1mmってどれくらいの雨?

何か聞いただけでは物凄く少ない量に感じますね。

1mmって雨が降ってるって感じるのかな?

そう思いますね。

 

1mmは傘を持ってたら傘をさそうかなと思うくらいの雨です。

傘がなくても少しくらいなら出歩く事もできます。

 

「やっぱりそれくらいか」

って思うでしょ?

でもこれ意外に多い量なんですよ。

 

降水量を測る時は、上と下が同じ直径の筒で測りますがここでは分かりやすくいきます。

1m×1m×1mの正方形の箱をイメージして下さい。

 

その箱を1時間置いておき中に溜まった水の量が1mmあれば時間降水量は1mmとなります。

 

箱の中全体でみると1mm程度ですが、その水を集めると1Lの水の量になるんですよ。

そう考えるとなかなかの量ですね。

その範囲でそれだけ溜まるので、

町や山などで降って川に流れ込むとなかなか水位が増えますよ。

このくらいだと釣りに行ってもまだ大丈夫と思って続けれます。

少し雨が降ってきたのかなぐらいですね。

スポンサーリンク

降水量2mmになると?

これはもう普通に雨です。

傘がないと濡れるし、普段ならあまり外出したくなくなります。

 

これも1時間に換算すると1m四方の箱に2Lの量の水が溜まる量です。

たった1mmの差でこれだけの量に違いが出るんですね。

ここまでは釣りをしている方もいます。

行った限りまだ諦めたくないと思う量です。

3mmなら?

ここまで来ると1mmの3倍です。

 

1m四方の箱では3Lの水の量です。

 

体感的にも、かなり雨だなと感じるレベルです。

釣りをしていてもこの辺で辞めようか、続けるかが分かれる所です。

 

湾内で波が穏やかであれば続けれますが、外海に向かって釣りをしていると波も出て危険になってきます。

4mmを越すと?

これはもう外に出たくない量です。

1mmの4倍ですが、それ以上の量に感じます。

釣りをすると言うレベルではなくなってきます。

海なら荒れてきて危険な状況ですよ。

 

もう釣りをしていても海も荒れてきてほぼ魚も釣れません。

4mmになると釣りどころではないですね。

スポンサーリンク

まとめ

釣りができるのも3mmまでが限界ではないでしょうか?

 

エギングルアー釣りなら軽装なのでそれなりに釣りはできますが、

腰を据えて釣るのは厳しい状況ですね。

 

場所によってあまり波がない所もあるかもしれませんが、

雨だけでなく風も吹けば釣りどころではないですね。

 

運動会などの行事が中止になるのも3mmほどが境目みたいです。

 

雨の日は、空いていて場所も広く使えますが、それも釣りができる範囲での話ですね。

雨の中釣りに行かれる事もあると思いますが、目安としてみて下さいね。

 

雨の日の釣りは釣れる!?海の状況が変われば魚の活性も上がる

2018年5月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です