堤防で真鯛釣り!釣れる時期はいつがいい?フカセ仕掛けで大物を狙う

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

堤防から真鯛釣り。

難しいイメージがありますが波止からでも意外に釣れるんですよ。

 

そんな真鯛を釣るにはいつがいいんだろう?

時期と釣り方を載せていきますね。

スポンサーリンク

堤防から真鯛が釣れる時期はいつ?

普段は深水のある場所や潮の早い所にいます。

 

産卵前になると産卵場所を探して浅場に近づいてくるんです。

 

その時が一番のチャンスですね。

 

その時期はいつ?

 

3~5月がそのシーズンになります。

 

のっ込みシーズンと言われる時期なので産卵前に荒食いをします。

もし真鯛を狙うならこの期間は覚えておくといいですよ。

 

夏から秋は鯛の子供のチャリコが堤防からはよく釣れますが、

まだ小さいので食べるには早いかなと言う感じです。

真鯛釣りのフカセ釣りの仕掛けは?

堤防から釣る時は少し遠投もできる方がいいので竿も少し長めの方がいいです。

今回はフカセ釣りの仕掛けを紹介します。

 

フカセ釣りの仕掛け/半誘導と全誘導に沈め釣りってどういう仕掛け?

2018年3月29日

 

竿

磯竿5.3mの1.5~2号くらいが理想です。

 

慣れないうちは3号でもいけますが、

なるべくラインは細めを使いたいので竿は柔らかめの方がいいと思います。

 

堤防からは遠投できる方がポイントが広くなるので5m以上は用意する方がいいですよ。

リール

リールは2500番~3000番。

リールはレバーブレーキがあれば便利です。

使いこなせると魚とのやりとりが楽になります。

 

ない場合はドラグを少し緩めて釣ってもいけますが慣れないと少し難しいです。

ライン

ラインはナイロンで大丈夫です。

 

2~2.5号あれば大丈夫です。

ウキ

狙うタナは中層から底の方を中心になってくると思うので、

ウキは釣研の剛黒00号をお勧めします。

 

4月前後はまだ北風の影響もありウキが流されやすいです。

ウキを浮かせるよりはウキ自体を沈めて釣る方がやりやすいですよ。

からまん棒

これは安い物で充分です。

僕はよく潮受けストッパーを使いますがあると便利です。

がん玉

これは数種類ある方がいいです。

潮の流れや状況によって打つ位置や重さを変えるので。

セットの物を買うと一通り入ってますよ。

ハリス

ハリスは2号くらいの物で大丈夫です。

 

竿が1.5号くらいなら1.5号のハリスでも対応できます。

ハリスが太すぎると釣果が変わってくるのでいくつか用意しておくといいですよ。

クレハシーのハリスをよく使いますが丈夫で使いやすいですよ。

 

沈め釣りのスタイルになるのでハリスの長さは5~7mほど取って下さいね。

ハリ

グレ針8号~10号の物で対応できます。

 

食いが悪い時は少しサイズを小さくします。

食いがいい時はサイズを上げても大丈夫です。

仕掛けは直結で結びます

沈め釣りの時は重さを調整できるようにラインとハリスは直結で結びます。

ストロングノットで結ぶと簡単で強いです。

 

ウキ止めストッパーはハリから2ヒロくらいの位置で止めて下さい。

ハリスの中にウキがある感じですね。

その他必要な道具

・バッカン

・杓

・杓入れ

・水汲みバケツ

・クーラーボックス

タモ

・ハサミ

・道具入れ

・餌入れ

・ライフジャケット

 

小物も揃えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

釣り方とポイントは?

撒き餌を使いますが、集魚剤はグレでもチヌでも大丈夫です。

 

ただ早めに底に落としたいので比重の重めの物の方がいいです。

チヌ用の方がいいかなと思います。

 

撒き餌を作る時オキアミは砕く?狙った魚に合わせて集魚剤を選ぼう

2018年11月24日

 

付け餌はオキアミで大丈夫ですが、大きく誘いをかけたい時はゴカイや貝を使います。

 

真鯛は潮の流れがある場所を好むので潮が動いている所を探して下さい。

 

堤防なら先端が一番ですが、潮通しが良ければ先端でなくても大丈夫です。

水深は5m以上はある方がいいのであまり近くよりは少し沖に遠投して下さいね。

 

撒き餌を投げ、そこに付け餌を入れたら更に撒き餌を入れて下さい。

そして潮の流れに乗せて少し流し底の方に落ちていくのを待ちます。

 

放置しておくより少し誘いをかけてアピールする方がいいですよ。

 

エサの存在が目立つ方が食ってくる確率は上がるので。

 

アタリは大きく出るのですぐに分かります。

ガンと入れば合わせて下さいね。

 

真鯛は釣れると最初頭をガンガン振るように潜っていきます。

 

あまり無理して巻くとラインが切れやすいので、少しラインを出したりして弱るのを待ちます。

 

真鯛は水面近くまで浮いてくると比較的上げやすいです。

最初のやりとりを強引にしなければ釣れると思います。

 

最後はタモを使い上げて下さいね。

まとめ

堤防からでも真鯛を釣る事は可能ですね。

よく釣れていると言う場所に行くと確率も上がりますよ。

後、天候や潮の影響も大きいので行く時は、いい潮の時を選んで行くといいですね。

シーズン的にはまだ肌寒かったりするので服装もしっかり準備しましょう。

 

満潮と干潮で釣れるのはいつ?知って得する海釣りの豆知識

2018年12月1日

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です