ゴルフスイングは腕の使い方を覚えれば飛距離は確実に伸びますよ!

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

 

ゴルフスイングは基本が大事ですね。

 

体を回せ、腰を切れと教えられてきました。

でも腕の使い方を教えてくれる人って少なくないですか?

手は使うな、体を回せば腕はついてくる。

 

それが一番上達を妨げているのでは?

まずは腕の使い方を覚えてスコアアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

最初は腕を下ろす所から始める

ゴルフは体を回してスイングしますね。

この時腕が下りていないと色んなミスが出てしまいます。

腕が下りていないのに体が回るとグリップは前に出てしまいスライスが出やすくなってしまいます。

 

自分のボールがスライスや右に出る時はここを意識してみましょう。

 

腕は真下に下ろす

 

これはバックスイングに入った時と逆で考えると分かりやすいと思います。

腕は体の捻転が終わった後も上がってませんか?

最後に動かした腕をまず下ろす。

その時は本当に下に下ろすだけです。

タメを作る意識はなくて大丈夫です。

右横を向いたまま畑を耕す動きをイメージしてみて下さい。

腕は前に出さない

腕を下ろせるようになれば後は体を回すだけです。

腕を上手く下ろせれば右腰前くらいの位置になると思います。

ここから腰を回せば腕と体が一体になったスイングができます。

スイングもインサイドからクラブを振れるようになるので捕まったドローボールが打てるようになりますよ。

 

この時もグリップを前に出さず右腰前をキープしたままスイングしてみて下さい。

手が前に出てしまうと手打ちになってしまい腰のパワーを活かせなくなってしまいます。

腰と一緒に回していけばボールにパワーを伝えれますよ。

スポンサーリンク

フェイスターンを入れてみよう

特にスライスしない人は意識しなくても大丈夫ですが、

それでも右に飛んで行くと言う時はフェイスターンを意識しましょう。

 

上手く打てる人は勝手にヘッドが返っています。

でも手首を固めすぎて固定してしまうとせっかく腕がいい位置に下りていても球が捕まりにくいです。

 

シャフトはしなっているのでヘッドは遅れて入りやすいです。

インパクトではヘッドの方がシャフトより先に進んでいるのが理想です。

これをするにはフェイスターンをさせましょう。

 

右腰前まで下りればそこからクラブフェイスをひっくり返します。

これをする事によってシャフトのしなりをパワーに変えてボールを遠くに飛ばせるようになります。

 

シャフトを鞭に例えるとヘッドは鞭の先についています。

それを早く飛ばすには鞭を棒のように振ると早く振れないですね。

何処かで止める動きがないとヘッドは走っていかないです。

 

ゴルフスイングでは右足前で打てと言われますが、これがその部分です。

右腰前まで下りてきたらフェイスをひっくり返す。

これができれば飛距離は凄く変わりますよ。

 

右腰前まで下りてくればフェイスをひっくり返しながらフルスイングするだけです。

最後に

腕の使い方って意外に教えてもらう事が少ないと思います。

 

肩を回して振れ

もっと腰を回せ

 

よく言われる事ですがまずは腕を下ろしてからスイングする。

これも意識してみて下さいね。

 

ドライバーの飛距離アップ!力ではなくスイングで飛距離は変わる

2019年9月27日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です