ゴルフスイング・腕は何処に下ろす?手の位置で球筋は変わりますよ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはシュウです。

最近ゴルフに行って途中でスイングが分からなくなる事があります。

 

一旦崩れると戻すのに苦労しますね。

 

体の使い方がおかしくなってるのかな?

僕の場合、こんな時におかしくなっている原因は、

大抵の場合腕の下ろす位置なんです。

 

腕が何処に降りるかで本当に違いますよ。

少し参考になればと思い載せていきますね。

スポンサーリンク

球に向かって腕を振っていませんか?

練習場ではミスをしても修正できるので、

色んな打ち方を試せると思います。

でもコースに行くと極力OBしないように打ちますね。

そう思ってスイングをしても

 

「あれっ?」

 

真っ直ぐ打っているつもりでも変な球が出たりしませんか?

 

コースに行くとどうしてもいつものスイングじゃなくて、

球に合わせてスイングしてしまいますね。

 

丁寧に打とうとするほど曲がったり。

 

クラブヘッドではなく手を球に向かって当てに行くとミスが起こりやすいです。

 

ヘッドが返ればチーピンが出たり、開いたまま当たればドスライスしたり。

 

腕の下りる位置で色んな球が出てしまうんですよ。

腕は何処に下ろすのが正解?

ミスをする時は、体の正面を意識しすぎると手は球に向かいやすいです。

脱力してゆっくり素振りすると腕はいい軌道を描きません?

 

構えたら顔を右に向けて腕はそのまま下に下ろすだけです。

 

そこから体が回れば腕は体の正面にきませんか?

 

そこから顔を元の位置の戻してスイングすると、

自分の中ではかなり右に下りている感覚があると思います。

 

コースに行くとダフリそうに感じるので、どうしても手は球に近づきやすいです。

でも腕は下ろすだけ。

これができるだけで全然変わると思います。

 

そしてフェイスを回転させていけば捕まった球のドローボールが出ます。

 

手が球に近づくとフェイスが返らずスライスが増えるので、

右に曲がるって思う時は腕の下ろす位置を意識してみるといいですよ。

 

リストターンが強い時も同じです。

無理矢理返しているので手が球に近づくとチーピンが出やすくなります。

 

コースでは怖いですけど、思ってるよりも体の右に下ろす意識を持つと変わりますよ。

下に向かって力を使うと飛距離も伸びます

腕は下に下ろすだけ。

 

でも飛ばそうとすると手は球に近づきやすいです。

早く振ろうとするほど手は球に向かって振ってしまいます。

 

クラブヘッドが早く動けばヘッドスピードは上がります。

 

下に向かって振ると力はそんなにいりません。

体が回ればクラブヘッドは球に向かって行きます。

それを自分で球に打ちに行くと力を横に使ってしまいます。

体のリズムもおかしくなりスイングが乱れる原因になりますよ。

 

構えて顔を右に向けたらそのまま下に思いっきり振ってみて下さい。

腕はその動きだけで左に振らなくて大丈夫です。

 

これを普通にスイングすると腕は下に下ろすだけでスイングできるのが分かると思います。

下ろしてから体を回す

手を下ろすだけだと体はそんなに使わないと思います。

 

手が腰の位置に来るまでは体は回さず踏ん張って下さい。

 

先に体を回すと手は自然と球に近づいてしまいます。

手が球に近づくと体が窮屈になって起き上がりやすくなってしまいます。

結果、体が開きやすくなり球は乱れてしまいます。

 

手が球に近づくと色んなミスが出てしまいますね。

 

手が下りる前に体を回してしまうとシャンクが出たり、

先に当たったりしやすくなります。

 

手が降りてから体を回す。

最後に

手は少し怖いけど球に近づけずに下ろして下さいね。

 

思ってるよりも右側に下りる感覚ですが、

それを前に出してしまうと球筋が悪くなってしまうので。

 

これができるだけで大叩きは減るはずですよ。

 

スイングのリズムも自分に合ったスピードで振って下さいね。

 

ゴルフスイングは上げて下す?プレーンから外れなければ上手くいく

2018年11月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です