切り返しは腰のスライドから!腰は回さず左に移動するだけ!?

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ゴルフは切り返しが一番難しいですね。

 

・腰が止まると引っ掛ける

・腰を回すのが早すぎるから振り遅れる

 

よく言われますね。

 

切り返しからの腰の使い方ってどうすればいいの?

スポンサーリンク

切り返しから腰は回すと体が開きやすい

ゴルフスイングはトップまで上げたら下半身始動で切り返す。

よく聞く言葉ですが下半身をどう動かすか?

 

これ意外に難しいですよね。

 

いきなり左に回していく?

 

これをするとおそらく初心者は振り遅れます。

 

腰が早く回ると肩もそれにつられて開いていきます。

 

 

インパクトでは胸は飛球線方向に向いてしまっているかもしれません。

 

 

そうなると手元ばかりが前に出てヘッドが遅れてきてしまいます。

イメージとして腰は先行するけど胸はまだ右を向いたままです。

 

これができると捻転差もできるので距離も飛ばせます。

 

でも腰を早く回すと、どうしても体は開きやすくなります。

 

見た目は物凄く振ってるように見えますが、パワーがボールに伝わらなくなってしまうんです。

腰は回さずスライドさせる?

ではどうすればいいでしょうか?

 

腰は回すのではなく左にスライドさせる。

 

トップからは回すのではなく、左にスライドさせて体重を左に乗せていきます。

 

・体は右を向いたまま左に体重を乗せていく

・スライドさせながら腕は下に下ろす

・インパクトは右足前で打つイメージ

 

こうする事で体の開きは抑えれます。

肩をどれだけ我慢できるかがポイントになります。

 

最初にスライドさせる事によって体重も左に乗ります。

体重が右足に残ったままだと明治の大砲と呼ばれるスイングになってしまいます。

 

回すのではなく、左にスライドさせるだけ。

 

これだけでも体の開きは減りますよ。

スポンサーリンク

スライドしながら腕を下ろす?

これもスライドさせてすぐ回すと体はまた開きやすいです。

 

スライドさせながら腕を早く下ろす。

その時、まだ右を向いたまま腕は下ろします。

 

真下に下ろすだけです。

 

横に振ってしまうと手元は前に出てしまうのでヘッドが遅れてしまいます。

クラブが腰の位置まで下りてから腰は回していきます。

 

クラブが下りる前に腰を回すと体は開きます。

 

まずスライドして体重を左に乗せたらクラブが下りるまで我慢。

これ大事です。

右を向いたままスイングする

練習する時は、素振りから入って下さいね。

 

・トップまで上げたら腰を左にスライドさせます

・胸は右を向いたままクラブを下に下ろします

・腰の位置までクラブが下りてきたら腰と一緒に振る

 

顔を右に向けたまま素振りをすると体は開かないと思います。

 

これ、正面向いてすると体は開きやすくなります。

 

まず体が開かない事を意識するとスイングは全然良くなります。

まず素振りで右を向いてスライドさせる所から始めて下さいね。

 

スライドさせた後は左に流れないように踏ん張って下さい。

最後に

腰を回すイメージがあるとなかなか慣れませんが、まずスライドさせる。

 

アイアンは特に上からダウンブローに打つので、体重が右に残っていると払い打ちになりやすいです。

 

そしてドライバーは長いクラブなのでより早くクラブを腰まで落としてあげる必要があります。

 

正面で打とうとすると体も開きやすく振り遅れやすいです。

 

右足前で打つくらいでいいですよ。

 

慣れてくれば思いっきり振っても曲がりにくく距離も出せますよ。

 

まずは素振りで体に覚えさせてみて下さいね。

 

ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

2020年2月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です