ゴルフスイングは下半身の粘り!膝の高さを変えずに上体を捻じろう

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ゴルフは下半身が動きすぎると安定しませんね。

真っ直ぐ打とうとしても、ダフリやトップが出る原因にもなってしまいます。

 

膝の高さを変えるな!

 

よく言われませんか?

 

足が動きすぎるとミスも増えてしまいます。

何処を意識すれば変わるんでしょう?

 

今回は下半身の粘りについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

膝が動くとスウェーしてしまう

アドレスからトップに上げていく時に肩を右に回しますね(右利きの場合)。

 

その時右足は右に流れないように踏ん張りますよね?

 

右足の踏ん張りが弱いと右膝も右に流れてしまいます。

俗に言うスウェーですね。

 

そこからダウンスイングに入っていきますがダウンスイングも左足を踏ん張らないと、

体が突っ込んでしまいこれもまたスウェーしてしまいます。

スイング中は、極力膝の位置はあまり動かないようにしないと軸がズレやすくなってしまいます。

 

膝の高さが変わるとダフリなどのミスも出るので膝の高さは意識しましょう。

捻転は上半身を意識する

テイクバックに入って腰が少し回るのは大丈夫ですが、腰が右に動いてしまうと軸が変わってしまいます。

 

そして腰が回りすぎると捻転差がなくなってしまうんです。

 

捻転は下半身を回すと言う意識より上半身を回す。

この意識の方が捻転差は作りやすいです。

体重移動は意識的にするより、肩を回せば右足に乗ると思うくらいの方がスウェーしにくいです。

 

ゴルフはあくまで軸を安定させる方がミート率も上がり球も安定します。

スポンサーリンク

下半身が動くと肩が下がる

下半身が右に左に動くと軸も斜めになり、ギッコンバッタンと軸が歪んだままスイングしてしまいます。

 

そうなるとトップしたり手前をダフッたりしやすいです。

 

ダウンスイングも右足踵が早く上がる方は、右肩が下がりやすくなります。

肩が下がるとスイングもすくい上げるような打ち方になりやすいです。

 

そうなるとパワーもロスして飛距離も損してしまいます。

 

下半身は積極的に使うと言うより、上体を支える土台と考えた方が安定します。

下半身は意識しなくても動くものです。

スイングは8割の気持ちで

トップまで上げた時に、もうひと捻りした方が飛びそうな気がしますね。

でもそのひと捻りをした時に、伸びあがったりして膝は動きやすいです。

スリークウォターで止めるくらいの気持ちで充分です。

スリークウォターのつもりが実際はフルスイングになってたりするものです。

8割スイングを心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

・膝は極力動かさない

・上体を回す

・トップも安定する位置までで

・8割のスイングを心掛ける

 

少しの意識の違いでゴルフは変わると思います。

膝が動くとスイングが乱れるので意識しましょう。

 

ドライバーでスライスを直すには腕を振るのが大事です

2018年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です