ドライバーの飛距離アップ!力ではなくスイングで飛距離は変わる

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

 

ドライバーでかっ飛ばしたい!

ゴルファーなら誰もが思う事だと思います。

 

でも現実は200ヤードも飛ばない。

スライスばかりで距離が出ない。

 

そんな僕も昔は180ヤードくらいしか飛びませんでした。

 

スイングは力任せに振ればいいってもんでもないですね。

少しコツを掴めば間違いなく飛距離アップしますよ。

スポンサーリンク

ドライバーで飛距離が出ないのは何故?

・インパクトで力が抜けている

・体の開きが早い

・軸がブレる

・手が先行しすぎている

 

一生懸命振ってるのに飛ばないのは主にこれが原因です。

飛距離アップさせるにはどうする?

インパクトで力を解放する

僕も以前はそうでしたが切り返しを一生懸命振っていました。

 

自分の中ではかなり早く振れているつもりでしたがインパクトでは緩んでいます。

 

一番パワーを伝えたい所で力が弱まっていたんです((+_+))

 

力を入れるポイントはインパクトです。

 

よく言われる、当たってから更に加速させるイメージですね。

ここができるだけで飛距離は間違いなく伸びます。

 

軸を安定させる

軸がブレないようにするには下半身をどっしり構えるのが大事です。

下半身がふらつくと上体は安定しないです。

 

足がコンクリートの中に埋まっている状態と思うと分かりやすいですね。

 

そのままスイングすると下半身はあまり動かないと思います。

 

足は回したりするよりしっかり支える

 

これ大事です。

 

インパクトで右足踵はまだ地面についたままくらいの意識でスイングしましょう。

 

右足踵が上がってしまうと軸がズレて右肩も下がりやすくなってしまいます。

 

ここを踏ん張るのが大事です。

アッパーブローに打つ

ドライバーはティーアップをするので下降している時ではなく、上がっていく時にインパクトします。

 

ダウンブローに打ってしまうとスピン量が増えてボールも吹き上がってしまい飛ばなくなります。

 

そして体も左に突っ込みやすくなります。

 

頭の位置を動かさなければ体は突っ込まずアッパーブローに打てますよ。

 

体の開きを抑える

そして一番難しいのが体の開きを抑える。

 

これができればゴルフはかなり上達します。

下半身リードでスイングするのはいい事だと思います。

 

でも体の開きが早い人がこれをやってしまうと肩はすぐに開いてしまいます。

 

腰は回るけど肩は閉じたまま。

 

凄く難しくないですか?

 

これまずは手打ちをマスターした方がいいです。

 

開きが早い人で左に飛ぶ人は腕は使えていると思います。

肩が開くのが早いので左にナイスショットをしているだけです。

 

ドライバーでスライスを直すには腕を振るのが大事です

2018年3月29日

 

でも右に飛ぶ人は腕を使えていないんです。

 

僕もそうでした。

グリップが前に出てしまうので肩が開きやすくなっています。

 

振るほどクラブヘッドが遅れてしまうので右にスライスしか出なくなってしまいます。

手を上手く使えれば軽い力でも飛ばせるようになりますよ。

スポンサーリンク

クラブは体の近くを通そう

もう一つ大事だと思うのはクラブは遠く離さない。

 

スイングしている時にクラブが体が遠いと体と腕の動きがバラバラになりやすいです。

 

本当の手打ちになってしまい飛距離は出なくなってしまいます。

 

グリップは体に近い方がいいです。

自分で拳一個・一個半といい場所を探してみて下さいね。

近すぎても窮屈になってシャンクが出る事もあるので。

 

体の近くでスイングするとパワーはモロに伝わりやすいです。

 

ゴルフスイングは腕の使い方を覚えれば飛距離は確実に伸びますよ!

2019年10月1日

最後に

ボールは力で飛ばす物でもないですよ。

実際女性の方でも飛ぶ方はいます。

 

・力を入れるタイミング

・軸がブレない

 

これだけでも飛距離は間違いなく伸びますよ。

 

実際飛ぶようになるまでには練習も必要ですが、

ただ振るだけでなくタイミングや姿勢を意識するだけでも変わりますからね。

 

180ヤードくらいしか飛ばなかった僕でも今は250ヤードは平均で飛ぶようになりました。

身長172cm 体重64kg と決して大きくもないです。

 

体型が小柄でも飛ばせる人はいるのでまずはプラス30ヤードを目指してみて下さいね。

飛距離が伸びればゴルフは更に面白くなりますよ!

 

ゴルフ初心者がスライスする4つの原因とは?腕をしっかり振れてますか?

2018年12月4日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です