ゴルフ切り返しは腰を回さない?切り返しから体重移動はする?

ゴルフスイングは切り返しが一番難しいと言われます。

せっかくアドレスが良くても切り返しで一気にスイングを乱してしまうこともありますね。

 

ゴルフスインの切り返しが上手くなるには何に気をつければいい?

スポンサーリンク

切り返しを一生懸命振らない

これ一番多いと思います。

切り返しからクラブを下ろすまで一生懸命振ってインパクトで緩んでしまう。

最初に力を入れて振ってしまうと右足に体重が残りやすく、すくい打ちになりやすいです。

 

結果、体とクラブがバラバラの動きになってしまうので、

飛ばない

曲がる

ダフる

トップする

いろんなミスが起こってしまいます。

切り返しはどこから始める?

切り返しはやはり下半身から指導するのが理想です。

下半身の何処?

左足踵だったり左膝、左腰と人によって違うと思うので自分の意識しやすい場所でいいと思います。

 

切り返しに入った時は体はまだ右を向いたままのイメージです。

クラブは右を向いたまま下ろす。

 

ゴルフスイングは下に振るだけ!力は横でなく下に使えば飛距離もUP

2018年3月31日

 

切り返しから腰を回していく人もいますが、慣れないうちは難しいです。

切り返しは腰を回さず左に少し腰をスライドさせていくとスムーズにいきやすいです。

腰を一気に回してしまうと体も早く回り過ぎて肩が開きやすくなってしまいます。

 

これが一番振り遅れの原因です。

腰はスライドさせたらクラブが右腰の位置に降りてくるまで我慢です。

右腰まで下りてきたらクラブと一緒に回していきましょう。

スポンサーリンク

体重移動はどれくらい?

ドライバー

ドライバーの場合はトップから左足に体重を乗せていきますが、

必要以上に乗せない!

 

これ左足体重で打とうと左に乗せすぎると体が左に突っ込んでしまいやすくなります。

ドライバーのインパクトは体重は5:5の配分と言われます。

あまり体重移動は意識しすぎないほうがいいです。

 

体重移動が大きいとティーアップしているボールを上から打ち込みやすくなってしまいます。

ドライバーを打つ時は頭を右に残さないと突っ込んだスイングになりやすいです。

アイアン

アイアンは地面にあるボールを打つので体重を左に乗せていく必要があります。

ドライバーと違い上から打ち込まないと上手くボールに当たりません。

 

体重配分はインパクトで左足に6・右足に4くらいです。

これも必要以上に左に乗せてしまうと体が突っ込みやすくなりますよ。

 

これは頭の位置で確認しやすいです。

頭が左に動けば体重も左に乗っていきます。

左に動きすぎると突っ込んでいきやすいと言う事ですね。

最後に

切り返しはどうしても手を振りたくなると思います。

でも先に下半身から動かして腕は少し遅れてるかも!?

これくらいが普通です。

振り遅れてると思ってもヘッドが動いていれば問題はありません。

 

逆に体にばかり回してしまうとヘッドが遅れてきます。

 

切り返しは感覚を掴むまで少し時間がかかると思います。

練習ではボールが何処に飛んでいってもいいくらいの気持ちでまずタイミングを掴みましょう。

 

切り返しが上手くなればゴルフはかなり変わりますよ。

ここが頑張りどころですね(^^)

 

ゴルフスイングは腕の使い方を覚えれば飛距離は確実に伸びますよ!

2019年10月1日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です