アイロン・コテの温度は何度が最適?適切な温度をお教えします

アイロン・コテは凄く便利なので使っている方も多いですね。

でも温度はどれくらいで使っていますか?

 

早く仕上げたいから高温にしている。

傷みにくいように低温にしている。

 

温度によって仕上がりは変わりますが、一歩間違えると髪にダメージを与えてしまいます。

最適な温度ってどれくらいなのか紹介していきますね。

スポンサーリンク

スタイルに合わせて温度を変えよう

コテは巻き方を変えれば色んなヘアスタイルを作れます。

でも髪型によっては低温でも作る事が可能なヘアスタイルもあります。

 

形がつきやすいからと何でもかんでも高温で使用すると髪にダメージを与えてしまうので、

スタイルに合わせて温度を変えましょう。

低温(130度以下)で作れるヘアスタイル

あまりしっかりカールをつけない内巻きスタイルは低温でも充分です。

ワンレングス・ロングヘアなど毛先に少しカールをつけたい時は、温度を高くする必要はないですよ。

中温(160度前後)で作れるヘアスタイル

少ししっかりしたカールをつけたい。

フォワード巻き、リバース巻きなど髪の中間ぐらいからカールをつけたい時は、少し温度は高めに設定します。

温度が低すぎると毛先しかカールがつかなかったりするので、

カールを出したい範囲が広い時は160度くらいの温度が必要になってきます。

高温(180度以上)で作るヘアスタイル

くっきりカールをつけたい。

パーマのように上の方からしっかりカールを作りたい時は、

温度を180度くらいに設定します。

根元近くになるほどカールがつきにくいので温度も高めにしないとカールがつきません。

 

癖が強くストレートアイロンで癖を伸ばす時も160度以上ないと綺麗に伸びにくいです。

スポンサーリンク

温度によるメリット・デメリット

高温は髪を傷めてしまいますが低温にもデメリットはあります。

低温のメリット・デメリット

メリット

・髪を傷めにくい

・温度が低いので熱変性しにくい

※髪はタンパク質からできているので温度が高いと、こげた目玉焼きのようになってしまいます。

・カラーに影響が少ない

デメリット

・形がつきにくい

・時間がかかる

・癖を伸ばせない

高温のメリット・デメリット

メリット

・しっかりカールがつく

・時間が早い

・癖を伸ばせる

デメリット

・ダメージが出る

・熱変性しやすい

・カラーの色が抜けやすい

 

低い温度の方がダメージは少ないですがコテを入れる回数が増えたり、

熱をあてる時間が長くなったりするのでつきにくい時は少し温度を上げましょう。

髪質によっても温度を変えよう

細い髪はカールがとれやすい傾向があります。

かと言って高い温度でしてしまうと傷みやすいです。

高くても160度までで抑えましょう。

 

逆に太い髪の方は温度が低いとカールや真っ直ぐにするのが難しいです。

180度くらいの温度があれば形を作ったりできます。

髪に対しては180度を目安にそれ以上上げない事をお勧めします。

カールをキープするには?

コテを入れる時も乾いた髪に直接せずに、

カールローションをつけてから巻きましょう。

ケラチンタンパク質が入っているタイプはカールをキープしやすいです。

そして熱から保護してくれる役割もあるので巻く前につけるといいですよ。

 

細い髪でとれやすい時はスプレーを振ってキープしましょう。

巻く前に少量ふって巻くのも効果がありますよ。

まとめ

コテ・アイロンはヘアスタイルに合わせて適温で使用しましょう。

毎日巻く人もいますが、巻かない日も作って髪をいたわってあげて下さいね。

髪は一度傷むと元には戻らないので毎日のケアも心がけて下さいね。

髪の切れ毛の原因は?間違った手入れ方法をするとアホ毛が増えますよ

2019年1月23日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です