美容室のコロナ対策は?密にならない環境作りと消毒で安全?

コロナも少し落ち着いてきましたがまだまだ続くので油断はできませんね。

美容室もお客様との距離が近いので感染のリスクがない訳ではありません。

 

でも、できる対策をして少しでもリスクを減らさないとダメですね。

 

私のお店がしている対策を紹介しますね。

マンツーマンサロンなので密にはなりにくい環境ですができる事はしないと怖いですからね。

スポンサーリンク

ゆとりのある予約で密にせず来店時には消毒を

通常の時は予約もギッシリ詰めて取っています。

でも今はお客様が帰られてからすぐに次のお客様が来ないように時間はゆとりをもって入れています。

 

常にお店の中には一人のお客様しかいない状態を保てるようにして密にならないようにしています。

 

お客様も雑誌や色んな部分を触るので来店時にはアルコール消毒をしてもらいます。

換気をしてマスクをつけたまま施術をする

カットやカラーなどの施術をする時もマスクはつけたままでします。

 

長さによってやり辛いところもありますがリスクは下げたいですからね。

 

マスクのゴムをクロスにしてつけると施術がやらやすいので参考にして下さいね。

お店のドアも開放したままにして空気は常に入れ替わるようにしています。

 

暑くなってきたので正直ずっと開けっ放しは少し辛いですが・・・。

お客様が帰った後は消毒作業を

お客様が帰られた後はイス・ドアノブ・テーブルなどの消毒作業をします。

これなかなか時間がかかります。

 

そのたもに予約の時間はゆとりをもって取っています。

次の方が来られるとやりにくいですからね。

スポンサーリンク

美容室は完全リスクが低い?

美容室は髪を切る時も後ろから切る事が多いので正面になる事は少ないです。

 

でもお客様との距離だけで言うとかなり近いです。

ただ接客業の中ではリスクは低いかなと思います。

 

でもクラスター感染したお店もありました。

規模によって違う所もありますが、どんなサロンでもリスクはあります。

いくら気をつけていても感染している方が来られたら分からないですからね。

 

美容室もリスクはゼロではないです。

感染が気になる方は?

コロナ感染を気にされている方は朝一番で来られる事が多いです。

 

人が来た後は嫌だから一番にしてと言われます。

誰か来た後よりは気にならないみたいです。

 

お客様が帰られた後はもちろんですが、お店も閉店してからも使用する場所・触りやすい部分はアルコール消毒で拭きます。

オープン前も同じ作業をしています。

 

でも気になる方は朝一番で行かれるのがいいかなと思います。

少し予約が取りにくいかもしれませんがまだ安心かなと。

 

今は非常事態宣言も解除されましたがコロナが収束した訳ではないので、

自分の管理もしっかりしていきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です