完全フカセで鯛狙い!初めてでも釣果が出せるシンプルな仕掛けです

釣り方にも色々ありますが凄くシンプルな釣り方。

 

完全フカセ

 

何となく難しいなって感じる方も多いと思います。

でもやり始めたらハマるかもしれませんよ。

 

今回は僕も実践してるこの釣り方を紹介したいです。

専用の道具があれば便利ですけど意外と持っている道具でもできますよ。

スポンサーリンク

仕掛けはハリとエサをつけるだけ

この釣り方は何を言っても凄くシンプルな釣り方です。

・竿

・リール

・ライン

・ハリ

たったこれだけで釣れちゃいます。

 

釣る場所や狙う魚種によって竿やリールの号数は変わりますが仕掛けはこれだけです。

リールはベイトがあれば楽なんですがスピニングでも使えます。

鯛を狙う時に使っているのは

・竿3号 3.6m

・リール4000番

・ラインはフロロ5号

・ハリ 伊勢尼12~13号

 

これがあれば充分釣りはできますよ。

 

エサはオキアミを付ければ仕掛けは完了です。

 

スピニングリールにフロロを巻くと投げた時にふけて絡まる事があります。

太めのラインを使う場合はベイトリールの方が使いやすいです。

大きめのリールだとスピニングでも8号までなら僕もギリ使っています。

 

竿は4.5m以上だと長いので仕掛けが軽いぶん少し使いにくいかも。

完全フカセの釣り方は?

仕掛けを入れる前にまずオキアミを撒いていきます。

撒いた中にエサをつけたハリの部分を落とします。

ハリを入れたらもう一度撒き餌を入れます。

フロロカーボンのラインは糸の重みとハリエサの重みで沈んでいきます。

 

まず仕掛けを入れたら少しラインを送っていきます。

沈み具合を確認しながらラインを少しずつ出していきます

いっきに出してもいいのですがライン同士絡む事があるので沈み具合を見ながら出す方がミスが少ないですよ。

 

釣り場や潮の早さによって送るラインの長さは変わりますが、

僕は水深より10mほど多く出して流れにのせています。

周囲に人がいなければいっぱい出せますが出し過ぎると祭りの原因になるので状況に合わせましょう。

 

ラインを出す時はまずリールから少し出して竿を振ってラインを出すとやりやすいです。

スポンサーリンク

完全フカセのメリットとデメリットは?

メリット

この釣り方のメリットは全てのタナを探れる

これが一番の強みです。

潮の流れにのせていくので自然に流していく事ができます。

 

撒き餌の中に紛れ込ますので食って来る確率も高いです。

大物を狙えるのも一つだと思います。

デメリット

デメリットはどのタナで釣れたか分かりにくい事です。

流し始めてどれくらいの時間でアタリが出たのか?

イメージしながら釣るのでタナが分かり辛いです。

 

そしてラインを出すのが慣れないと少し難しいです。

ライン出しが上手くできないとラインが絡まったり竿に巻き付く事もあります。

ほどいている時にアタリが出る事もあるのでここを上手くしないと釣果は下がってしまいます。

潮の状況によって仕掛けを変える

潮の流れが早すぎて流されて沈まない。

潮が止まっていて沈むのが早すぎる。

そんな事も出てきます。

 

そんな場合はウキをつけたり少しがん玉を打ったりして調整するといいですよ。

流され過ぎる時はがん玉を打ち沈みやすくします。

流れがなく沈みすぎる時は沈めウキをつけて少しゆっくりにしたりします。

 

基本流れにのせる方がいいのでこれは臨機応変にすればいいと思います。

ラインを出すのが難しい時はウキをつけると操作は楽になります。

完全フカセと少し動きは変わってきますが0号のウキにがん玉で沈下速度を調整すれば、

早く沈めたり遅くしたり調整できますよ。

最後に

鯛狙いの時はこの仕掛けで大丈夫ですが、

青物を狙う時は竿も負荷50号くらいの竿に変えないと上がらない事も出てきます。

 

筏やカセでは向いた釣りですが波止からする場合はウキをつける方がいいですよ。

完全フカセで大物をゲットしましょう!

沈め釣りはフカセ初心者でも簡単に仕掛けが操作できる!

2020年8月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です