雨の日の釣りは釣れる!?海の状況が変われば魚の活性も上がる

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

こんにちはシュウです。

 

釣りをするなら晴れているほうがいいですね。

景色もいいし釣りやすいですから。

でもそれは人間の条件なんです。

 

雨が降った方が釣れる事もあります。

海の中は雨が降ると条件が変わりますからね。

スポンサーリンク

何故雨の方が釣れるの?

晴れてる日は澄んだ場所だと水の中も良く見えます。

でも逆に魚からも見えているって事ですね。

姿は見えるけど釣れない。

そんな経験あると思います。

やはり魚から見えていると警戒心が強く釣れにくいです。

 

魚は瞼が(まぶた)がないのであまり晴れすぎていると底に行ってしまいます。

 

雨の日は雨が降る事によって水の中の酸素濃度が増えます。

 

酸素が増えると魚の活性も上がり食欲も増します。

 

雨の日は気圧が下がるので浅場の魚は活性が上がるとも言われています。

 

雨が降ると音を消してくれるので魚の警戒心も薄れ釣れやすくなるんですね。

スポンサーリンク

釣り場に人がいないので注意も必要

魚を釣るだけならまさに好条件って感じですが、やはり雨の日は釣り人にはやりにくいです。

 

少々の雨なら釣りもできますが、大雨になると海のうねりが強くなり波も高くなります。

 

特に満潮時は危険です

 

釣りをしてても道具なども流されるかもしれません。

周りに人が少ないので、流されても気づいてもらえない可能性もありますから。

周囲に人がいない時は状況を見て諦めましょう。

雨の時に向いている釣り

雨の時は、ルアー・エギングは釣りやすいです。

 

フカセ釣りや紀州釣りは撒き餌が雨で濡れて、

撒き餌の粘ばり度が下がって投げれなくなるのでやりにくくなります。

 

エギングなどは軽装なので移動もしやすいので少々の雨ならできますね。

 

そして、河口は水も増えて危険なのでやめておくほうがいいですよ。

満潮と干潮で釣れるのはいつ?知って得する海釣りの豆知識

2018年12月1日

まとめ

海も大荒れでなければ、釣り場も空いていて釣り人が少ないので釣れる可能性も高いです。

 

いつも混んでいる場所にも入りやすい。

気圧や酸素量の影響で魚の活性が上がり食いが良くなる。

 

いい事もありますが自然は危険がいっぱいです。

急に雨も強くなり風などで釣りにならなくなる可能性もあります。

 

危険だなと感じたら早めの移動も心がけてくださいね。

 

雨に打たれてそのままだと風邪もひきやすいので、

着替えは多めに持って行き帰りに冷えないようにしましょう。

 

メリットもありますが、リスクもあるので、一人で行かず数人で行ってくださいね。

晴れのときほど気持ち良く釣りができませんが、これはこれで楽しめますよ。

ただ初めての場所や危険な場所は避けて下さいね。

降水量1mmはどれくらい?海釣りができるのは何mmまで?

2018年6月25日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です