ベタ足スイングはゴルフ初心者には理想的!パワーロスがなくなります

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

 

ゴルフを始めた頃は

「右足踵を早く上げろ!」

 

そう教えられていました。

右足踵を上げる事によって腰が回りやすくなります。

 

でも初心者がやるとカット軌道になりスライスが出やすくなってしまいます。

踵はすぐに上げずベタ足でスイングする。

これを意識してからスイングが安定してきたので載せていきますね。

スポンサーリンク

左足踵が上がると体が回り過ぎる

初心者はインパクトまでを一生懸命振るけどインパクトで緩んでしまう事が多いと思います。

 

この原因はオーバースイングになってしまうのが一番多い原因です。

バックスイングで左踵が多少上がるのは問題ありませんが、上がりすぎると体が回り過ぎてしまいます。

 

凄く肩が入っているように感じますね。

でも、これは捻転ではなくただ捻じっているだけになるのでパワーが溜まらないんです。

右足踵が早く上がると肩が下がりやすい

ダウンスイングから右足踵が早く浮いてしまう方は、

右肩が下がりやすくダフリが出やすくなります。

踵が浮くと体重は左に乗りますが軸が傾いてしまいます。

 

軸がずれるとダフリ・トップの両方が出ます

 

ダフりやトップが多いなと思う方はここを意識してみて下さいね。

スポンサーリンク

ベタ足で打つと肩が開きにくい

肩が開きやすい方は参考にして下さい。

肩が早く開いてしまうのも原因があります。

 

・ヘッドアップ

・下半身が先行しすぎている

・右足踵が早く上がる

 

色々理由はありますが踵に注目して下さい。

右足踵が早く上がると腰は回りやすくなると載せましたが、

腰が早く回ると肩も開きやすくなります。

インパクトまで足は踏ん張る方が肩の開きも抑えやすいです。

腰が早く回るほど肩も回りやすくなります。

踵を踏ん張れば軸もブレにくくスイング軌道も安定します。

ベタ足で打つには?

ベタ足で打つには腰を回すと言うよりは踏ん張るイメージです。

そして最初はフルスイングより7割くらいの力でスイングしましょう。

 

体が回るほど下半身は支えなければいけません。

足がふらつくと踏ん張る事ができなくなるので、まずは短い距離から練習しましょう。

下半身がしっかりできれば上体を使って打つ事ができます。

踏ん張る事で体の正面で打てるのでナイスショットの確率も増えますよ。

ベタ足はメリットが多いので初心者にはいいスイングと思います。

スポンサーリンク

最後に

ベタ足で打つと下半身を使ってないように感じますが、逆にしっかり使っていないと踏ん張れません。

慣れるまで少し違和感を感じますが慣れてくると、ショットも安定してくるので試してみてくださいね。

 

ドライバーでスライスを直すには腕を振るのが大事です

2018年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です