腰の回転が止まる方はアドレスを変えれば激変する!

ゴルフスイングは腰で打てと言われますが、回しているつもりでも止まってません?

腰が回らないと起き上がったり手打ちになったり色んなとこに支障が出ますね。

僕自止まっていました。

 

でも少し変えるだけですんなり回ったりしますよ。

何を意識すればいいのか?を載せていきますね。

腰を回すには何処を意識する?

腰を回そうとする時、何処に意識がいきますか?

 

・左にスライドする

・肩と一緒に回す

・左お尻を引く

 

僕の場合は、クラブは右腰で打つ意識があったので右腰を回す感じで打っていました。

 

でもこれ腰が前に出ると手の通り道が狭くなってしまうんです。

 

窮屈になると手は体から離れてしまうのでヘッドの根元に当たりやすくなってしまいます。

そうなるとシャンクも出ます。

 

それを無理にフェイスを返すとチーピンも出たりミスショットが出てしまいます。

腰を回す時は右腰を前に出さないように左腰を引くとミスは出にくくなりますよ。

左おしりを引かないとスウェーになる

切り返しから左に体重を乗せていきますが、

この時、左お尻を後ろに引かないと左に流れてスウェーしてしまいます。

 

体重を左お尻に乗せていく感じにすると分かりやすいと思います。

体が左に流れてしまうなって時は左お尻を意識しましょう。

 

スウェーするとストッパーがかかったように腰は止まってしまいやすいです。

腰を回しやすいアドレスは?

僕は基本クローズスタンスでした。

ドローを打ちたい人に多いですね。

 

これ上手い人は腰が回っています。

僕の場合はインパクト前に腰が止まってしまい伸びあがって、キャストの動きが入ってしまうので手打ちになっていました。

 

伸び上がらないように右足の上で回転したり工夫をしましたがなかなか直りません。

 

直すためには極端にオープンスタンスで構えて下さい。

左腰が開いているので腰はめちゃ回ります。

最初は凄く左に向いてる感じがしますが慣れてくると腰の周りいやすさが実感できると思います。

 

そこからスクウェアに戻していくと普通になってきますよ。

右足踵は上げずに我慢する

腰を回す時に右足踵が早く上がるとつま先体重になるので伸びあがりやすいです。

トップで踵体重になれば右足の内側側面で蹴るイメージですね。

 

伸び上がりが強いとすぐに起き上がって腰が回らなくなってしまいます。

腰を回転をする時の意識は右足で回すより、

左お尻を後ろに引く感覚に変えると体は突っ込みにくくなります。

 

実際には踵は上がりますが上げすぎないようにする方が軸もずれにくいです。

最後に

腰を切れと言われますがイメージしにくいですね。

 

下半身と上半身のバランスも大事なので腰ばかりを回しても振り遅れも出てしまいます。

 

自分のスイングスピードに合った腰の使い方も重要ですね。

 

でも腰を使えるようになると球は見違えるように飛んで行きます。

 

ポイントは左お尻の使い方ですよ(^^)

 

ハンドファーストのインパクトの形は左手と腰が重要!

2020年2月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA