ゴルフスイングは下に振るだけ!横に振るとミスが出る

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ゴルフスイングは下に振るだけ。

よく言われました。

 

スイングって横じゃないの?

そう思いませんか?

最初の頃は意味があまり分からなかったですが、これを理解できるとゴルフが変わりますよ!

 

参考になればと思うので載せていきますね。

クラブを下に振るとは?

動画を見てるとスイングは横に振ってるように見えませんか?

 

下に振ってる?

そう思ってしまいますね。

 

これ、実際は体が回っているので横に振っているように見えるんですね。

 

腕は極端に言えばクラブを下に落としているだけ

体が回っていくのでスイングに横の軌道が生まれます。

 

縦の動きに横の回転が加わるので横に振っているように見えるんですね。

 

自分の手を使って打ちに行くと外側から入ったりダフッたりミスが出やすいです。

 

クラブはあくまで自然に下に落とすイメージです。

クラブを下に振るイメージは?

これ自分でやってしまうと手打ちになりやすいです。

 

トップまで上げたら下半身から回していきます。

膝であったりお尻であったり人それぞれ感覚は違うと思いますが下から回すのが大事です。

僕はお腹を左下に向ける動きから入ります。

 

腕の力を抜いておけば下半身が回ると自然と手は下に落ちると思います。

そこから回転に合わせて手を低い位置に落としていけばクラブヘッドも重力で落ちてくると思います。

急に落とさずインパクト前にコックを少しほどけば勝手にボールに向かいます。

 

後は体を回転させればヘッドに引っ張られて体も起き上がっていきます。

自分で下に振りにいくと毎回ポイントがずれやすいので体の回転を使うのが大事です。

体の回転に合わせてクラブを振る

ボールがあるとどうしても当てたくなるので手でスイングしがちです。

体の回転と同調すれば手で当てに行く必要はなくなります。

 

これ慣れるまで怖いと思いますがまず素振りで感覚を体に覚え込ましましょう。

腰を回すと肩も引っ張られ左腕は下に落ちてきます。

手が腰の位置まで落ちてきて初めて振っていきます。

 

その時、腰は開いていないと手の通り道がないので窮屈になって伸びあがりやすいです。

勿論前傾はキープですよ。

インパクト時は肩も少し開いています。

 

手が腰の位置に下りて来るまで我慢できればミート率は上がりますよ。

自分で下してしまうと手打ちになりやすく体重も右に残りやすいです。

ゴルフスイングで前傾姿勢をキープをするポイントは?

2019年9月24日

スイングは同じ

アイアンは地面にボールがあるのでイメージしやすいですが、

ドライバーはティーアップしているので浮いていますね。

 

ボール位置も左(右利きの場合)にあるので横に振ってしまいがちです。

でもドライバーは最下点からクラブヘッドが上がって来てからインパクトします。

 

当てに行くとアッパースイングに振ってしまいすくい打ちになってしまいます。

 

ドライバーも下にスイングするのは同じです。

 

ボール位置が体の正面にないので横に振ってしまいがちですが、

下に振ったクラブが体の回転でインパクトしていると思って下さいね。

スポンサーリンク

最後に

打つ時の意識も下に持っていくと力も下に使えると思うので、

スイングは縦に下に落ちるという意識になればミスも減ると思います。

 

慣れてくると少しの力で飛ぶと言う感覚が分かってきますよ。

 

スイングは力任せに振るより体と同調すれば飛距離も変わってくるので、

下に落とす感覚をマスターして下さいね。

 

トップで力が抜けるとドローボールが打てる!?

2019年8月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA