ゴルフ初心者の100切りはグリーンとアプローチが鍵!得意な距離を作ろう

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

 

あと少しで100切り成功!

そう思いながらなかなか切れない100・・・。

 

僕も100を切るのは少し苦労しました。

正直100を切るには飛距離はそんなに大事ではありません。

 

むしろ短い距離が上手くなれば「あれっ?」って思うくらいにあっさり切れたりするもんですよ。

アプローチの技術を磨いて100切りを目指しましょう!

スポンサーリンク

スイングは腰から腰

スイング作りの基本はここにあると思います。

 

ここがしっかりできていないと全てにおいてミスが増えてしまいます。

 

ゴルフは飛ばすのも魅力ですが、

短い距離を上手く打てるようになる方がスコアアップに繋がりやすいです。

 

まず腰から腰のスイングで自分のスイングの基礎を作りましょう。

何回打っても距離が同じになってくれば方向も意識しましょう。

 

僕はAWでゆったり打って腰から腰で50ヤードくらいです。

自分のスイング幅だとどれくらい飛ぶのか知るのは大事ですよ。

 

スイング幅は同じでもクラブを変えると距離も変わってくるので、

距離に合わせたクラブを選ぶのも大事です。

膝から膝が打てればアプローチは楽になる

こちらは30ヤードほどの距離になると思います。

腰から腰のスイングより意外に難しいかもしれません。

 

30ヤードよりも短い距離を打つには、もっとスイングを小さくしないと飛びすぎます。

動画で撮るとよく分かりますが、

自分のスイングを見ると思っているよりも振りかぶってる事が多いです。

 

大きく上げて下ろす時に緩めて距離を合わしてしまうと、ダフリ、トップの原因になります。

 

ここのスイングが上手くなると寄せる事ができるのでパターが凄く楽になりますよ。

 

ここが上手くなれば100はすぐに切れるのでマスターしてみて下さいね。

最初は転がす球から打ってみよう

初心者はどうしても球を上げようとしがちです。

 

球を左に置いて下からすくおとするので、どうしてもダフリやすくなります。

 

ダフるならまだいいのですが上げようとする意識のあまりにリーディングエッジに当たる。

トップするとグリーンオーバーになってしまいます。

これが一番グリーン周りで怖いミスですね。

行ったり来たりで焦りスコアが崩れる事も!

 

無理に上げようとしなくてもクラブにはロフト角がついているので球は自然に上がります。

むしろ、初めは球を右に置いて転がす練習からする方がミスも減りますよ。

 

どれくらいで打てばこれくらい転がる。

それを掴めば距離感は合わせやすくなります。

 

短い距離が苦手だなって方はアプローチをパター感覚で打つとミスが減ります。

パターと同じように打ってみて下さい。

パターと違いロフト角がついているので少し浮いて転がっていきますよ。

スポンサーリンク

上げるのもスイングは同じ

基本的には、上げるのも転がすのもスイングは同じです。

球の位置を変えるだけで上げたり、転がしたりできます。

 

ロブショットのように少し特殊な打ち方もありますが、最初は普通に打つ練習でいいと思います。

 

アプローチはゆったり振るのが大事ですね。

手だけで打つとカツンとなりやすいです。

 

バンカーショットはバンスを使って打てば出る?怖がらず振り抜こう!

2018年11月7日

練習は短い距離を多めにしよう

ラウンドして一番使うクラブはおそらくパターかなと思います。

そのパターもアプローチで寄れば打数も減ります。

 

100ヤード以内がそこそこ安定してくればゴルフは楽になります。

30ヤード以内をワンパット圏内に寄せれればスコアは大きく変わります。

練習場では30ヤード以内をたくさん練習すると感覚も掴みやすいです。

10ヤード、15ヤードと短い距離は思ってるよりも難しいので特に練習が必要ですよ。

まとめ

100切りにはグリーン周りが大事と言う事ですね。

大きなミスを取り返そうとするより、アプローチでカバーする方が大叩きは減ります。

 

自分の得意な距離を作るとアプローチは楽です。

30・50・70・100ヤードくらいが得意になればバッチリですよ。

 

ゴルフスイングは下に振るだけ!力は横でなく下に使えば飛距離もUP

2018年3月31日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です