ゴルフスイングで前傾姿勢をキープをするポイントは?起き上がりは✖

少し前まではゴルフの調子が良かったんです。

何も考えなくても上手くいく。

 

でも前回のラウンドではボコボコでした(;_;)

修正のために練習場に行ってきました。

最近気づいた事をシェアしますね。

スポンサーリンク

何故前傾姿勢が崩れる?

調子がいい時は自然とできていました。

でもこないだ行った時は起き上がりが早すぎてドライバーは一発も当たりませんでした。

いつもと同じスイングをしているつもりだったんですが、

ドライバーでシャンクしたように右に飛んで行きます。

 

ゴルフを始めた頃はよくなりました。

 

原因を考えるといくつか出てきます。

 

・飛ばそうと言う意識が強い

・バックスイングですでに起き上がっている

・早く振ろうとしすぎ

 

主にこんな感じです。

前回まで良かったので思いっきり飛ばそうと意識が強すぎました。

飛ばす気持ちが強いとリズムが崩れてしまうので全てがダメになってしまうんですね。

前傾が崩れるとどうなる?

前傾が崩れると様々の事が出てきます。

ダフり・トップ・シャンク・曲がる。

全てのミスに繋がります。

前傾が崩れるとパワーもボールに伝えれなくなるので飛距離も落ちてしまいます。

前傾姿勢をキープするには?

あまり意識しなかったんですが前傾維持ってなかなか難しいですね。

バックスイングの時に肩を回しすぎると途中で起き上がってしまう事もあります。

 

維持するポイントは?

頭の高さを変えないイメージ

バックスイングに入った時、顔は多少横を向くのは問題ないと思います。

ただ高さが変わってしまうのは良くないです。

上がったり下がったりするとボールまでの距離が変わってしまい色んなミスに繋がります。

 

目線の高さが変わらないように意識すると変わりにくいです。

バックスイングは7割で

構えた時は背筋を伸ばして前傾姿勢を作ると思います。

バックスイングに入った時も背筋を使いこの姿勢をキープするのが大事です。

その時の注意点は7割で止める。

肩を目いっぱい回そうとすると起き上がってしまい前傾が崩れやすいです。

手は肩の位置の高さで止めるくらいの気持ちで充分です。

実際はもっと回ってしまいますから。

膝の高さを変えない

頭の高さもそうですが膝も重要です。

スイング中に伸びあがってしまうと高さが変わってしまいます。

土台がふらつくと上半身はブレてしまい起き上がりやすくなります。

膝を軽く曲げて構えたらその角度は維持する。

ここも大事だなと実感しました。

スポンサーリンク

フィニッシュで前傾キープで来ていれば正解

スイングした後フィニッシュで真っ直ぐ立っていますか?

フィニッシュで前傾姿勢をキープできていれば正解です。

 

スイングの途中で起き上がってしまうとフィニッシュでも起き上がっています。

最後を見れば分かりやすいと思います。

リズムが狂ったら前傾を意識しよう

僕が最近おかしくなってたのは振ろうとしすぎてリズムが狂っていた事です。

ヘッドを走らそうと振るために起き上がってしまい前傾が崩れていました。

練習場でも何がダメなのか最初分かりませんでした。

肩が早く開いている?

フェイスが返っていない?

色々考えましたが基本的な事でした。

 

最近おかしいなと思う時は前傾姿勢を意識してみると簡単に直るかもしれないですよ。

前傾姿勢をキープするってあまり意識しないけどとても重要な事ですね。

ここからまた頑張りますよ!

 

ゴルフスイングは足の踏ん張りが大事!ダフリ・トップが劇的に減る

2019年6月21日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です