夏バテの症状と対策は?暑いからと冷たい物ばかりとってませんか?

夏の暑さは半端ないですね。

こんな暑いと熱中症になる方も多いですが、夏バテも増えますね。

 

「夏バテなんてしないから大丈夫!」

 

と思っていても知らず知らずのうちになってるかもしれませんよ。

夏バテってどんな症状が出るんでしょうか?

思いあたるふしがあれば気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

どんな症状が出るの?

夏バテの症状は主に

・体のだるさ

・疲労感

・胃の調子が悪い

・熱

・吐き気がする

食欲がない

・目まいがする

 

など、少し風邪と似た症状なので「夏風邪?」と勘違いしやすいです。

風邪と思わず、夏バテも疑って下さいね。

原因は?

夏バテは誰がなってもおかしくありません。

 

外の暑い気温の中から空調の効いた部屋室内に入ると温度差があります。

 

涼しい所に入って落ち着きますが、

それを繰り返していると知らないうちに体力を消費します。

涼しい場所に長時間いると、体はストレスを感じて自立神経に影響が出ます。

 

そして何よりも大量の汗を掻くので体の水分量が減ってしまい、

頭痛や目まいを引き起こしてしまいます。

夏は意識して水分を補わないとダメですね。

 

水分を取る時も冷たい物を取り過ぎると、胃腸の機能が低下してしまい食欲不振なってしまいます。

 

暑くなった体を冷やすのに冷たい物は欲しくなりますね。

でも取り過ぎると体自体が冷えてしまい良くないので取り過ぎには注意しましょう。

これは大事な事ですよ。

 

水分だけではなく塩分も不足しやすくなるので、

水分だけでなくミネラルや塩分を含んだスポーツドリンクを飲んで下さい。

 

そして寝る時も、寝初めの数時間だけ低めの温度で冷やしても、

切れると暑さで目覚める事もあると思います。

そうなると何度も目覚めて睡眠不足になり体力が落ちてしまいます。

 

睡眠不足になると体力が落ちたり様々な機能が低下してしまいます。

スポンサーリンク

対策は?

冷たい物を取り過ぎると胃が弱り食欲が減ります。

常温に近い飲み物で胃をいたわり栄養をしっかり取りましょう。

豚肉や豆、ウナギとタンパク質もしっかり取り、

疲労を感じる時はニンニクなども食べるといいですよ。

夏は、お風呂に浸からずシャワーで済ませてしまう事も多いと思いますが、

湯舟に使って疲れをしっかり取りましょう。

夏も体は極端に冷やさない方がいいですよ。

 

寝る時も、クーラーは28度くらいの温度でつけっぱなしにした方がぐっすり眠れます。

寝てる時も冷やし過ぎると温度差で体がだるくなるので、

外の温度とあまり差があかないようにしましょう。

 

寝てる時も水分は蒸発しているので、

寝る前もコップ1杯くらいの水を飲んでから寝て下さいね。

スポンサーリンク

夏バテから熱中症にも

夏バテは軽度の熱中症とも言われています。

 

夏バテで体力が落ちるとそこから重度の熱中症にもなってしまいます。

 

あまり無理せず疲れたなと感じたら休息もしっかり取りましょう。

 

熱中症は案外自分は大丈夫と思っている方の方がなりやすいです。

 

クーラーを嫌う人も多いですが体の温度調節が上手くできないと、

気づいた時にはなっているので自分でもしっかり管理しましょう。

 

僕自身、夏は好きで暑さが気になる事はあまりなかったんですが、

年のせいか温暖化の影響なのか最近の暑さはしんどくなります。

今までと同じようにしているとバテてしまう事もあります。

 

夏は健康状態に気をつけて、食べ物や睡眠もしっかり取って乗り越えたいですね。

 

9月でも暑い日があるので真夏ほどの暑さでなくても熱中症になってしまう事もあります。

残暑も油断は禁物ですね。

熱中症と脱水症はどんな症状!?なりやすい年齢はあるの?

2018年7月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です