成人式のセット&着付け・美容室の予約はいつまでにするのがベスト?

 

成人式の予約っていつまでにするのがいいんだろう?

 

そう悩んでいるお母さん。

いつも行っている美容室でやっているなら流れでお願いする事ができますが、

やっていない場合は探さないといけないですね。

 

普段通っていない美容室にお願いするのは頼みにくい所もあると思います。

 

一体いつくらいに予約するのがいいのでしょう?

今回は成人式の予約について載せていきますね。

スポンサーリンク

成人式の予約はいつから取れるの?

あまり早くに頼むと忘れられてそう。

そう思って3ヶ月前に予約をしたらすでに埋まっていた。

そんな事もあり得ます。

 

少し前までは6ヶ月まえくらいにと言うのが多かったです。

でも今は、成人式が終わってすぐに来年の予約を取る方も増えてきています。

「そんなに早くから!?」

そう思ってしまいますが。

 

でも予約時間は取った順番に時間を選べます。

 

6ヶ月前、3か月前でも予約は取れると思いますが時間を選べなくなってしまうんです。

早ければ朝3時から!

なんて事も普通にあるので。

 

あまり早い時間だと終わってから式までの時間を過ごすのが大変ですね。

朝も早起きになってしまうし。

 

予約は早い方がいいです。

 

1年前でも、お店に電話をかけて取れるか確認するといいですよ。

期間を決めている美容室もありますが、大体のお店は早くから受け付けていますので。

当日の予約は何時に取るのがベスト?

これは地域によって始まる時間が違うので何時と言うのは難しいです。

着付け、セット、メイクでおよそ2時間くらいです。

少しオーバーする事もあるので少し余裕も持っておく方がいいですね。

 

およそ式の3時間前くらいが一番ベストくらいですね。

式場が遠い場合はもう少しゆとりを持ってもいいと思いますが。

スポンサーリンク

成人式の金額はいくらくらい?

着付けとセットとメイクで相場が2万円くらいです。

着付けだけをお願いしたい。

セットだけでいい。

そう言う事も対応してもらえるので聞いてみてくださいね。

 

着付け 9000~1万円

セット 6000~7000円

メイク2000~3000円

 

大体の相場ですが参考までに。

 

今は、着物を買うとそちらで前撮りと当日の着付けなどがセットで付いている所もあります。

 

着物を買った所から近くの美容室を紹介してくれるシステムもあります。

その時はチケットを貰い美容室に行くと料金はサービスしてもらえます。

 

購入だと無料ですが、レンタルだと割引チケットになります。

振袖を着るためにに必要な物

着付けをしてもらう美容室から持参する物は教えてもらえると思いますが載せておきますね。

当日混乱しないためにも確認してから行きましょう。

 

・振袖

・長襦袢(ながじゅばん)

・帯

・帯枕

・帯揚げ

・帯板(前後)

・帯締め

・伊達締め(2本)

・肌襦袢(はだじゅばん)

・裾除け

・和装ブラジャー

・腰紐5本ほど(和装ベルト1本)

・着物クリップ

・コーリンベルト

・タオル(5、6枚)

・足袋

・三連紐

・草履

・衿芯

・伊達衿

・バッグ

・ショール

 

来ていた服を入れるカバンもあると便利です。

 

セットしてもらう時に髪飾りなど販売している美容室もありますが、

気に入ったものがあれば持参する方がいいですよ。

 

当日はセットからしたりする事も多いので、

パーカーなど前開きの服で行く方がいいですよ。

セットして衿が狭いと脱ぐ時に崩れてしまいますので。

時間厳守で行きましょう

当日は予約の人で溢れています。

遅れてしまうと迷惑がかかるので時間は守りましょう。

遅れる時間によっては、

時間がずれて終わるのがかなり遅れてしまう事もあるので。

 

意外に遅れてくる方は多いので・・・。

 

たまに当日お願いされる事もありました。

最後の最後になってしまい時間は遅れて行かれました。

でも何処もバタバタしているので予約は確実に取って置いて下さいね。

 

せっかくの晴れ舞台着物を着れないなんて事にならないように。

七五三の時期はいつが最適?数えと満年齢はどっちでするのが正解?

2018年10月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です