傾斜地のスイングはこう打つ!それぞれの特徴を知れば怖くなくなる

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

こんにちはシュウです。

 

コースに行くと色んな場面がありますね。

・前上がり

・前下がり

・下がり

・左上がり

複雑な傾斜もありいつものように振れないですね。

 

せっかくティーショットが上手くいっても次でミスなんて事もありますね。

初心者はどんな場面でも通常と同じように打ってしまいがちですが、

傾斜に合わせて打つって事も大事です。

 

傾斜の特徴を少し見ていきましょう!

スポンサーリンク

前上がりの傾斜は上半身で打とう

前上がりの傾斜はボールの位置が通常より高い位置になるので、

いつもと距離が変わりますね。

これ下手をするとシャンクも出てしまいOBなんて事にもなりやすいです。

 

スタンスは広すぎると返ってぶれやすくなるので、

安定するくらいに取って下さい。

あまり広く取り過ぎないほうがいいです。

体重はつま先にかけます。

スイングは上体だけを使って下半身は動かさない意識で大丈夫です。

 

通常よりボール位置が高いので横振り気味になります。

ボール位置はセンター、もしくは右寄りによりに置く方がミスが少ないです。

 

ボールとの距離が近くなる分クラブは少し短く持って下さい

 

通常のショットのようなスイングではなく7割くらいで、

前傾をキープして打ちましょう。

 

ボールはフック回転で左に出やすくなりますが、

これは傾斜の角度などによるので状況に合わせて方向を決めて下さい。

 

クラブは少し大きめの番手でコンパクトに振るのが鍵です。

 

体を使いすぎて体が開くとシャンクが出やすいので気をつけましょう。

前下がりは踵体重で安定させよう

前下がりの傾斜はボールとの距離が遠くなります。

前上がりに比べると伸びあがってしまうと、

ボールに届かずチョロのなったりしやすいです。

 

つま先下がりはスタンスを広く取り膝を曲げます。

この位置は変えないようにします。

重心は踵に乗せて下さい。

 

そしてクラブフェイスは傾斜の角度に合わせます。

少しハンドアップに持つ事になりますね。

 

この時もスイングは大きくせずコンパクトに振りましょう。

膝の角度と前傾はキープしたまま振り、

フィニッシュを取ろうとしなくても大丈夫です。

この時も、下半身を使わず上体で打って下さい。

 

ボールは右に出やすいので少し左向きに構えて下さい。

スイングはアップライト気味に縦振りを意識しましょう。

 

クラブは少し番手を上げないと飛距離が落ちます。

スポンサーリンク

左上がりはダフリやすい

今度は体重のかけ方が変わってきます。

左足上がりは傾斜に合わせて構えると右足体重になります。

右足内側にスイング軸を作るイメージで、

左足つま先を少し開いてクラブの通り道を作っておきます。

ダウンブローに打つには?最下点を知れば自然にスイングするだけです

2018年12月29日

 

ボール位置はセンターより少し右に置く方がミスが少ないです。

半個から1個くらい右になります。

 

スイングは打ち込もうとせず、すくい打ちになってOKです。

打ち込もうとするとクラブが振り抜けないのでダフる原因になります。

 

この時もスイングは7割くらいで振りましょう。

テイクバックで肩を回した時、

右にスエーしやすいですが右足が流れないように注意しましょう。

フィニッシュは取れないと思って下さい。

打った後はのけぞる格好になると思います。

 

この時も飛距離は落ちるので少し番手は上げましょう。

左下がりは低くクラブを出す

左足下がりが一番苦手って方が多いです。

傾斜なりに構えると左足体重になると思います。

スイング軸は左足内側に作ります。

ボール位置はセンターから半個から1個くらい右に置きます。

これも自分の位置に合わせて下さい。

分からない時は右寄りに置く。

これミスが減りますよ。

 

スイングは傾斜に沿って振ります。

インパクトからも地面をまだ押していくくらいの気持ちで振ります。

 

ボール位置は少し高くなるので起き上がると、トップになって飛ばなくなります。

逆に手前から入ると大ダフリにもなってしまいます。

 

左足で受け止めて体が流れないようにインパクトまでは辛抱して下さい。

ボールは上がらないので上げる意識を持つ必要はないですよ。

 

ボールは右に出やすくなるので少し左向きにスタンスを取って下さいね。

クラブは番手を上げて打って下さいね。

複合の傾斜の打ち方はどうする?

前上がり+左足上がりは左に行く要素が強くなります。

スタンスはより右向きにとり打ち方は下半身を固定して上体で打ちます。

ボール位置はセンターよりに置きます。

 

前上がり+左足下がりフックとスライスの要素が重なります。

傾斜の角度にもよりますが基本合わさって打ち消し合うと思って下さい。

スタンスは傾斜の強い方の角度に合わせて構えます。

 

前上がりが強ければ少し右を向く。

左下がりが強ければ少し左を向く。

ボールは少し右寄りに置きます。

 

傾斜の特徴を理解すればスタンスの取る方向は決めやすいと思います。

 

・前上がり フックが出やすい

・真下がり スライスが出やすい

・左足上がり フックが出やすい

・左足下がり スライスが出やすい

 

傾斜の強い方に合わせて構えるといいですよ。

下半身をあまり使わないので手打ちになり過ぎる、

と左足下がりでも左に飛びやすくなります。

上体を使って打ちましょう。

最後に

基本足場の悪い場所ではフルショットではなく、

7割ほどのスイングで打つとミスも少ないです。

距離を飛ばそうと思うと失敗しやすいのでこれくらいでいいと思って打ちましょう。

 

傾斜の角度によっては打てないくらいきつい場所もあるので謙無理は禁物ですね。

傾斜の特徴を頭に入れておくと迷いなく振れると思うので覚えておくといいですよ。

ゴルフスイングは下半身の粘り!膝の高さを変えずに上体を捻じろう

2018年5月17日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です