ダウンブローに打つには?最下点を知れば自然にスイングするだけです

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

アイアンはダウンブローに打てれば飛距離も出せるし安定してくると思います。

 

でもゴルフを始めたばかりだとなかなかできないですね。

 

アイアンは地面にあるボールを打つので、

綺麗にクラブヘッドを入れないとダメって思いがちですが、

視点を変えるとかなり楽になるんですよ。

 

ダウンブローに打つには何を意識すればいい?

スポンサーリンク

最下点を知ればダウンブローに打ちやすい

アイアンは最下点の手前で打てばナイスショットになります。

最下点とはクラブが一番下に落ちる位置です。

 

スイングを意識する事はあっても最下点が何処かなんてあんまり考えなた事ないですよね?

 

最下点は人によって異なります。

軽く素振りをしたら地面に擦れる場所があると思います。

センターよりであったり、少し左であったり人それぞれです。

 

そこが自分のスイングの中の最下点となるので、まず自分の最下点を見つけてみましょう。

ダフリが多い人はボール位置が悪いのかも?

僕の知り合いにもどの番手で打つのもボールをかなり左に置いてる方がいました。

 

左に置きすぎると体が突っ込むか、極端なすくい打ちになってしまいます。

 

関連記事 ゴルフスイングは下に振るだけ!力は横でなく下に使えば飛距離もUP

 

その人は綺麗に払い打とうとしていたのでダフる事が多かったです。

 

球は飛ばない。

何番で打っても距離が変わらない。

 

そんな事を繰り返していました。

 

ボールの位置が悪いので少し右に置いたら大ダフリは少しマシになりました。

 

アイアンは上から打ち込む意識がある人はすくい打ちにならないですが、

綺麗に打つ意識が強い人はボールと地面の間にヘッドを入れようとするのでミスが出やすいです。

スポンサーリンク

ダウンブローに打つには?

これあまり意識しすぎる必要はありません。

 

普通にスイングして下さい。

それができないから悩んでいるんだと言われそうですが、まずボール位置を確認して下さい。

 

意外に目標より右に向いてスタンスを取って構える事が多いです。

 

自分ではいい位置に置いてるつもりなんですが最下点より手前になってしまう事が多いです

スイングは目標方向にするけどアドレスが右に向いているとポイントがずれてしまいます。

 

アドレスでほぼショットは決まると言われるのは確かだと思います。

 

そしてダウンブローに打つにはハンドファーストに打つのも重要です。

 

ボールにあてるのではなくスイングの途中にボールがある。

それくらいの意識でスイングしましょう。

最後に

ダウンブローに打てるようになると距離も安定してくると思います。

 

アイアンが苦手と言う方は横から綺麗に払おうとする方が多いかなと思います。

 

アイアンは横からではなく上から下に向かって入っていきます。

多少ボールの上から入ってもダウンブローに入ってるとミスショットになりにくいですよ。

横から払い打ちだとトップになってしまいますが。

 

スイングは下に向かってするとダウンブローに打ちやすいので練習してみてくださいね。

少しの意識の違いでショットは良くも悪くもなってしまうので。

最下点を探す所から始めましょう。

関連記事 ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です