エビ撒き釣り初心者がハネ釣りをするための道具は何が必要?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

ハネ・スズキをエビ撒き釣りでゲット!

 

何かややこしそうに見えますが凄くシンプルで誰でも始めれる釣りです。

特に冬は小魚も少ないのでエビに反応しやすいシーズンです。

 

夏にするとエサ取りが多く本命のハネもなかなか釣れません。

寒いけどチャンスの多いこの時期にエビ撒き釣りでハネ・スズキを釣りましょう!

仕掛けや必要な道具を紹介しますね。

エビ撒き釣りってどんな釣り?

この釣りは主に淡水に住んでいるシラサエビと言うエビを使います。

 

ハネは回遊している魚なのでエビを撒いて足止めをします。

その時にいかに食わせるかがこの釣りの勝負どころですね。

出典:ナチュラム

撒き餌も刺し餌も活きた物を使うので少しお金がかかります・・・。

 

1000円分で1時間~1時間半くらいの量になります。

撒く量によって変わりますがおよその目安にして下さいね。

 

あまりケチると釣果に差が出てきますよ。

エビ撒き釣りの仕掛けと必要な物は?

仕掛けを紹介しますね。

竿は磯竿が使いやすいです。

1~2号の4.5~5.3mあれば充分です。

 

リールはスピニングリール2500番くらいのもので大丈夫です。

 

ラインは2号でいけますが不安であれば3号を巻いておきましょう。

 

ウキは棒ウキが使いやすいです。

繊細な物の方がアタリは分かりやすいです。

 

オモリは1.5~2号を使います。

ウキの負荷に合わせた物を使うので潮の流れが早く重めにする時、

はウキも2号クラスの物を使って下さいね。

 

 

ハリスは1.5~2号の物を使いますが、これも最初は2号の方が切られにくいと思います。

長さは80cm~1mで取って下さいね。

長すぎるとタナがボケてずれてしまうので。

 

 

ハリは活きエビ針7~8号。

これは小さい物を使って下さいね。

大きいとエビがすぐに弱ってしまうので。

 

潮の流れが早い時はハリスにがん玉を打って下さい。

半分~針側に打ってタナを安定さます。

 

エビ撒き専用クーラーは忘れずに!

電池タイプでエアーがついているので長時間エビを活かす事ができます。

 

シャクも忘れずに用意しましょう。

エビを入れて気絶させ投げるのに必要ですよ。

 

 

波止からだとタモがないと切れてしまう事が多いので準備しましょう。

 

 

初めてのエビ撒き釣りはハリスを短めに!

エビ撒き釣りはそのままエサを撒いてしまうとエビは元気よく色んな方向に散って行ってしまいます。

 

杓に7~10匹入れたらまず手で塞いでよ~く振って下さい。

 

こうするとエビが気絶するので投げたポイントから外れにくいです。

投げる時は少ししならせて弾くように投げると距離が出やすいです。

普通に投げると遠投しにくいですよ。

 

そしてそこに仕掛けを投入します。

仕掛けを入れたら再度エビを撒きます。

 

タナは2~3ヒロで釣ります。

あまり深くすると撒き餌とタナが合いにくいです。

この時もタナボケを防ぐためにオモリからの下のハリスは80cmがお勧めです。

長すぎるとタナが合いにくいです。

これで釣果は変わりますよ。

 

ハネはアタリが繊細です。

ゆっくりと沈んでいくので少し待ちます。

早合わせすると掛かりにくいので焦らず少し待ちます。

 

そして掛かっても無理して上げずゆっくりやりとりしましょう。

ハリスが細いので無理をすると口でもすぐに切れてしまいます。

近くまで来たらタモを使って釣りあげましょう。

エビ撒き釣りのハネのシーズンは?

エビ撒きでハネを狙うなら1月~春くらいがお勧めです。

 

エビの反応も良くアタリも出やすいです。

好調の日は1人で6枚釣れる事もあります。

 

昼間は反応が薄い事が多いので朝マズメor夕マズメが狙い目です。

釣れる時間帯にどれだけエビを撒くかが分かれ目ですよ。

初めてのハネ釣りで苦労した事

初めて行った時は教えてもらいながらやってたんですけど、よく分からん。

これが感想でした。

 

最初はハリスも2ヒロ近く取っていたので、

タナも合わずアタリも全くありませんでした。

 

教えてくれた人は早い時間に1枚釣ってました。

こっちは撒き餌を撒くのが大変でした。

あまり遠くに飛ばそうとするとバラけて色んな方向に散っていきます。

正直釣れる気はしなかったです。

 

一度ウキがゆっくり沈み合わせたら重い!

ゆっくり上げるとビニール袋のゴミでした・・・。

テレビじゃないんだからと思いながらもう一度投入。

 

そしてまたアタリが!

 

またゴミだったりしてと思いながら合わせました。

でも引きを感じます。

やった!

上がって来たらハネと言うかセイゴサイズでしたが(笑)

 

ハネはアタリが本当に繊細です。

スーッと入る。

でも掛かると重いのでテンションが上がります。

初めてでも充分狙えると思うので根気よく釣って見て下さいね。

 

ハネ・スズキの生態を知る!釣果を上げるには知らないと損しますよ

2019年1月22日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です