ゴルフスイングは上げて下す?プレーンから外れなければ上手くいく

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ゴルフスイングはプレーンにのせろと言われます。

 

「ゴルフは上げて下すだけ」

 

自分で当てにいくとプレーンから外れてしまいミスショットが出やすくなってしまいます。

 

プレーンにのせるにはどうすればいいの?

スポンサーリンク

テイクバックは肩を回して腕を上げるだけ

よく練習場で見かけるんですが、

上げる時に肩を回さず右に移動して伸びあがるようにトップまで持っていく人がいます。

 

そこから左に無理矢理打ちにいくのでトップ気味にあたったり、ダフったり、時折シャンクも出ています。

 

クラブを上げるのを意識しすぎるとそうなりやすそうですね。

 

アドレスからクラブは上げずに、肩だけを右に回してそこから腕を上に上げた位置がトップです。

 

そのまま右を向いて、体の正面にクラブがきていればいいですが、

変に右に引きすぎていたり、正面より左側にあると安定しません。

 

クラブを上げながら肩を回すと肩を回すより腕だけを上に上げてしまいがちです。

練習では、肩を回してからクラブを上げる練習をするとトップの形を作りやすいです。

 

肩も回る所までで無理にまわそうとすると安定しなくなりますよ。

 

腰は回す意識より上体だけを回すイメージでいいと思います。

スポンサーリンク

切り返しからは腕は下すだけ

切り返しから肩を回して、肩で引っ張っていくと体は開きやすいです。

 

体重を少し左に乗せながら、腕は下に下ろすだけです。

 

イメージとして、体重は左に乗せても胸は右を向いたままの気持ちです。

クラブは体の正面にあります。

 

そのまま腕を下ろし腰まできたら体の回転で打っていきますが、

胸は右を向いたまま打ってるくらいの気持ちがいいです。

 

よく右足前で打てと言いますが、その通りでいいと思います。

 

体の回転は想像してるより早く回ります。

正面で打つには右足まで打つくらいのイメージです。

 

クラブは下に下ろすだけですが、腰まで下りたら腰の回転と一緒に振るとプレーンにのります。

 

クラブを下して右足前で打つ。

 

それだけでスイングはかなり安定します。

 

ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

2020年2月5日

畑を耕すように下に振る

スイングは手首を柔らかく使うのがいいですよ。

固定してしまうとヘッドが走らなくなってしまいます。

 

放っておいても体は回るのでクラブヘッドは正面に戻ってきます。

 

ボールにあてにいくと手が前に出てフェイスが開いたままあたりスライスになってしまいます。

 

練習場で顔を右に向けたままクラブを下してみて下さいね。

そこから回転が入ると正面に返ってきますので。

体は使いすぎなくてOK

飛ばしたいって思うと早く振った方が飛びそうですね。

 

でも大事なのは体を早く回すのではなく、ヘッドを早く動かす事なんです。

 

体を早く回しても、ヘッドが遅れればパワーも伝わらないし、振り遅れで安定しません。

 

体は、思ってるよりもゆっくり回してもヘッドが早く動けば距離も出ます。

 

見た目ゆったり振ってるように見えて飛ぶ人がそうですね。

 

クラブを早く動かすには体を目いっぱい早く振るよりも、

ドシンと構えて振る方が早く振れます。

 

ゴルフスイングは下半身の粘り!膝の高さを変えずに上体を捻じろう

2018年5月17日

 

ショットを打つ前に早く振って素振りをする人もいますが、

ゆっくり振ってイメージを体に覚えさせて打つ方が早く振れたりしますよ。

 

体を使いすぎずクラブを早く振る。

 

スイングプレーンも安定もするし間違いなく飛距離も出ますよ。

スポンサーリンク

まとめ

クラブは上げて下ろすだけですが間違った上げ方をすると、

間違った下ろし方になってしまいます。

 

トップでクラブが正面にあれば正解です。

 

ゆっくり素振りをすれば体も回りやすく綺麗なフォームになります。

早く振ろうと意識するとトップの形も崩れてしまい軸もズレやすいです。

 

まずは上げて下ろす。

 

このスイングを身につけるとゴルフは変わると思います。

単純な事ですが案外できてなかったりするので自分の確認のためもあり載せてみました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ゴルフドライバーでスライスを直すには?ドローを打つには腕を振ろう

2018年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です