髪の梳き過ぎは要注意!梳きすぎるとデメリットが多いんですよ

髪の毛ってどこまでなら梳いていいの?

そんな疑問ありませんか?

 

髪の量が多いからいっぱい梳いてもらう。

動きを出したいからたくさん梳いてもらう。

 

梳いてもらうのが当たり前って人もいますが髪の梳き過ぎは危険なんですよ。

髪を梳かれ過ぎるとどんな結果になるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

梳きすぎると髪の伸びる速さが遅くなる?

伸ばしてる時に髪を梳きすぎると伸びるスピードが遅くなった気がする。

これよく言われます。

 

髪は1日に0.3~0.5mm伸びます。

一ヶ月に換算すると9mm~1.5cm伸びているんですね。

 

髪を梳くと何故遅く感じるのか?

 

基本髪を梳く時は根元から梳きません。

梳かれて軽くなるのは多に毛先です。

梳くほど毛先が薄くなるので厚みがなくなっていきます。

そのため伸びても伸びたように感じなくなってしまうんですね。

軽さに慣れてもっと軽くしたくなる

一度軽さを知るとそれに慣れてきます。

「前に梳いてもらったから楽だったわ」

 

そう言われる方も多いです。

でも先ほど書いたように髪は一ヶ月に1~1.5cmくらいしか伸びません。

前回と同じように梳く量が多いと毛先の髪はどんどんなくなっていきます。

 

前に梳いた髪だけを梳く事ができれば毛先の厚みは残せますが現実ほぼ無理です。

なので毎回、同じ量を梳くとスカスカになるのでオーダーには気をつけましょう。

どれだけ梳かれたのか確認してもっと梳いてと言う方もいますが、

毎回そんなに梳く髪はないですよ!

髪を梳きすぎる美容師の特徴は?回避するにはどうしたらいい?

2019年8月10日

梳き過ぎは短くなってしまう

髪の毛を梳くって事はどういうことでしょう?

 

髪を切る=短くなる   ○

髪を梳く=長さは残る  ○? or  ✖?

 

髪の毛は梳いても長さはそのままと思いますか?

適度な量ならあまり変わらないんですが梳きすぎると・・・。

普通に短くなってしまいます。

 

髪を梳く=髪を切る

 

梳くのは切るって事ですから梳く量が多ければ短くなりますね。

スポンサーリンク

スタイルチェンジがしにくくなる

軽いスタイルから重いスタイルにする時は毛先の量が大事になってきます。

あまりにも梳きすぎていると少しくらい長さを切っても毛先に厚みができません。

 

ロングからバッサリボブにしたけど毛先がスカスカすぎて形にならない。

 

パーマをあてたけど毛先が軽すぎてカールが出ない。

 

梳きすぎているとスタイルチェンジも難しくなってきますよ。

まとめ

髪は梳けばいいってものでもないですね。

スタイルや髪質に合わせて梳かないと大変な事になるので。

 

お客さんでもスカスカに梳かれている方が来られて

「毛先を揃えて下さい」

 

そう言われますがカットする髪がほとんどありません。

梳きすぎはパサつきダメージの元になるので髪にも良くないですよ。

 

担当する美容師によって感覚が違うので初めて行く美容室では

「あまり梳かないで下さい」

 

と言って力量を見ましょう。

上手い美容師は梳く量が少なくても動きやシルエットをしっかり作れますよ。

髪の梳きすぎは元に戻る?梳かれ過ぎた時の対処方はどうする?

2018年11月29日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です