体の開きを直すには右を向いたままクラブを下ろす

ゴルフは体が早く開くと色んなミスが出てしまいますね。

打ちに行くと上体に力が入り突っ込んでしまったり軸がずれてしまったり。

 

体の開きを直すのはなかなか難しいと思います。

何を意識すれば変わるのか僕がやった事を載せていきますね。

体が開く主な原因は?

体の開きが早い原因は力が入って上体で打つと開きやすいです。

 

切り返しと同時に左肩がいきなり回転しまうとすぐに開いてします。

一番の原因はボールに合わせてしまっている。

ボールに向かうとすぐに体も起き上がり体が開いてしまいやすいです。

体の開きを抑えるためには?

では体の開きを直すにはどうするればいいか?

 

これ一番簡単なのは右を向いたままスイングする。

この意識だけでかなり変わると思います。

右を向いたままクラブを下ろす

体の回転につられてクラブヘッドを下ろすのが理想ですが意外に難しくないですか?

 

まずはトップで作った形のままクラブを下ろす。

これも手だけで下ろすよりお腹の腹筋を使って下ろせるといいです。

右に少しお辞儀をする感じですね。

右を向いたままお辞儀をしてグリップを腰の位置まで下ろす。

ここまで出来れば体を回しても大丈夫です。

グリップから下ろす

クラブを振る時もヘッドから下ろすとタメもなくなりパワーもなくなってしまいます。

グリップエンドを地面に突き刺す感じに下ろしていけば体の回転につられて円運動に変わっていきます。

 

ここは人によって異なりますが右手のヒンジをキープしたまま振っていくとハンドファーストの形を作れます。

脱力してスイングする

そして大事なのは脱力です。

力が入ると肩で腕を引っ張りやすくなります。

 

力が抜けるとクラブは自然に下に落ちます。

 

力が入ると手が前に出てしまいヘッドが追いつかなくなるので手で返すしかなくなってしまいます。

スポンサーリンク

インパクトで胸は開いている

体の開きを抑えようと閉じたままインパクトしようとするのも手打ちになりやすいです。

肩は閉じているけど胸は開いている。

 

インパクトの時に胸は少し開いていると体の回転でスイングできます。

この時肩はまだ開かず胸は左下を向いている感じですね。

 

体の左側の背筋を使うと肩は閉じて胸を開いたインパクトを作りやすいです。

いうのは簡単ですが小さいスイングから始めると分かりやすいと思います。

最後に

肩の開きが早いのは力みが一番の原因かなと思います。

下半身は力みも入りますが上半身は脱力すればスムーズなスイングができるはずです。

 

スイングは早く振ろうとするほど肩は早く開いてしまいます。

自分のリズムでいい早さを知るのも大事ですね。

 

ドライバーは肩が早く開くと擦ったスライス球やチーピンしか出なかったりします。

力みなくスイングすれば体も開きにくくなるので力を抜いてみて下さいね。

ハンドファーストのインパクトの形は左手と腰が重要!

2020年2月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA