バンカーショットはバンスを使って打てば出る?怖がらず振り抜こう!

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ゴルフスコアはバンカーで変わってきますね。

 

バンカーって何か構えてしまいますね。

考えすぎると力んで大ダフりしたり、ホームランになったり・・・。

 

バンカーが苦手な方は多いと思います。

バンカーショットを磨いてスコアアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

バンカーはバンスを上手く使おう

バンカーは直接ボールを打たないで砂を飛ばせと言われますね。

特にアゴの高いバンカーは直接打つと球も上がらず出せない事が多いですね。

 

球の手前から入り過ぎるとダフりすぎたり。

 

ダフれと言われるけどどれくらいダフればいいのか分からない!

 

これ柔らかい砂だと普通に構えて打つと砂に入り過ぎやすいです。

上手く入れば出す事もできますがミスの確率が高いです。

 

これバンスを使うと砂に入りすぎず打つ事ができます。

 

バンスを使うと多少ダフリすぎかな?と思うくらいでもクラブは抜けてくれます。

 

バンスを使えると凄く楽になるんですよ!

スポンサーリンク

構え方でショットは変わる

基本ボールは左足の前くらいに置きます。

アドセスする時も少し左足体重でハンドレイト気味に構えます。

少しフェイスを開き気味にして下さいね。

 

その時腕は少し抑えるような感じトゥ側が少し上がるように構えるとバンスを使いやすいです。

この角度は打つ時も崩さない事を意識しましょう。

 

通常のバンカーショットの場合は体をオープンにしなくても大丈夫です。

あまり体を開くと返ってミスが出やすいです。

バックスイングもインサイドには引かずに上に上げていきます。

イメージとしては頭の上にヘッドが来るくらいの感じです。

 

開いたまま上げるくらいのイメージで大丈夫です。

そこからは球の2~3cm手前に落とすつもりで振ってみて下さい。

直接打つと開いてる分トップになりやすいです。

 

ダフると言うより砂を飛ばすイメージです。

スイングは下に向かって振る

バンカーショットは特に下に打つつもりで振る方がいいです。

砂を掘っていくイメージですね。

横に振るイメージだとトップしやすくなってしまいます。

そして砂を飛ばして下さい。

それをしないと球はバンカーから出てくれません。

スポンサーリンク

バンカーショットの距離感は?

バンカーショットをする時の振り幅は通常の3倍くらいと考えるといいですよ。

 

20ヤードのバンカーショットなら通常60ヤードを打つ振り幅くらいです。

40ヤードならサンドウエッジで届かない時はアプローチウエッジに変えて打つといいですよ。

距離感がイメージで切ればスイングしやすいくなると思います。

まとめ

・6:4くらいの左足体重

・バンスを使う

・インサイドに引かない

・ヒールから入れてクラブの角度はキープ

・砂を飛ばす

 

これを意識するだけでもかなり変わると思いますよ。

 

トップやダフりが多い時は肩を回さずクラブだけを上げると打ちやすいです。

余計な動きがなくなるのでミスが減りますよ。

 

アゴの高いバンカーから出す時はフェイスを開いたりカットに打ちますが、

この打ち方でもほとんどのバンカーは出せますよ。

 

ゴルフ初心者の100切りはグリーンとアプローチが鍵!得意な距離を作ろう

2018年6月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です