ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

ゴルフスイングを安定させるにはハンドファーストでインパクト。

これは凄く大事だと思います。

 

無理にハンドファーストの形を作っても、飛距離も出なかったり安定しません。

 

ハンドファーストでインパクトするのは僕も苦労しました。

 

その時の苦労と成果を載せていきますね。

スポンサーリンク

ハンドファーストは手を前に出すのではない

ハンドファーストに打てと言われたら手をボールより前に出してインパクトの形にしたくなりませんか?

 

これ言われた当初は僕も自分で手を飛球線方向に出して、無理矢理ハンドファーストの形を作っていました。

 

でもこれ体と腕の動きがバラバラになってしまいやすいです。

 

何となくできていると思い込んでそのままやっていましたが思ってるほど距離も出ません。

 

アドレスで構えた形にインパクトで戻ればハンドファーストになるのですが、

スイングは一瞬の出来事です。

 

実際やると戻らないんです!

 

それを無理に手を前に出してハンドファーストの形を作ろうとしてしまいます。

 

でもこれ手で形を作っているだけなので間違ったハンドファーストなんです。

 

振ってる割に飛ばないなって時は間違ってるかもしれませんよ。

ハンドファーストの形は腰の位置で完成してる

ではどうすればいいの?

これ少し難しいですが頑張りましょう。

 

トップから切り返しで左足に体重を乗せていく

 

スイング始動は下半身から入ります。

少し左足に体重を乗せていきます。

 

 

体重を左に乗せていかないとインパクトで右足に体重が残りすくい打ちになりやすいです。

 

クラブを腰の位置まで早く落とす

 

これ一番難しいかもしれません。

腰の位置まで素早く下ろすのはクラブが下りる前に体が回ってしまうと体が開きやすくなるからです。

 

腰の高さでクラブを地面と平行になるように下ろします。

 

この時、胸はまだ右を向いたまま下してくるイメージです。

 

右肘を右横腹にあてますが肘は曲がったままです。

横腹よりも前のへそまで持ってくるとフェイスが戻らないので注意してくださいね。

 

ここで右肘が伸びてしまうと力を発揮できなくなってしまいます。

 

手首の角度を崩さないのもポイントになってきます。

(アドレスで構えた時にできたクラブと親指側にできた角度の事です)

 

クラブが地面と平行の位置に来た時に右の手のひらは下を向いてるくらいのイメージで大丈夫です。

 

手を返すのではなく左手の甲を右手側に少し曲げる感じです。

 

ここで手を返してしまうとハンドファーストの形ができなくなってしまうので注意が必要です。

 

あくまで右手のひらを下に向けるイメージです。

 

ゆっくりスイングしてインパクトの形の時にハンドファーストになっているか確かめて下さいね。

ゆっくりスイングすると少しフェイスがかぶってるくらいになりますがそれで大丈夫ですよ。

 

腰を回してスイングする

 

腰の位置で手の形ができたら後は腰を回して振っていきます。

 

腰の回転に合わせて手を一緒に回していけばインパクトの時にハンドファーストになっていると思います。

 

右腰と一緒に回して下さいね。

手を振った方がヘッドスピードが上がる気がすると思いますが、

腰の回転に合わせて振る方がハンドファーストの形を作りやすいです。

 

腰の回転は右腰を出さない!左お尻の使い方がポイントですよ

2020年2月15日

フィニッシュは結果

 

スイングができていればフィニッシュは決まってくると思います。

 

手と体の動きがバラバラになってるとフィニッシュも振りきれなかったり、

軸も安定しなくなってしまいます。

 

フィニッシュはとろうとするのではなくスイングの結果と思って下さいね。

スポンサーリンク

何故右手のひらを下に向ける?

右の掌を下に向けるとクラブフェイスも凄く下に向いていると思います。

 

実際スイングすると下には向いてないです。

あくまでイメージです。

 

クラブはシャフトがしなるので腰の位置でフェイスが体の正面を向くようにするとフェイスが開きやすくなります。

 

そのために閉じる必要があるんです。

 

でもそこから手はまだ返さないイメージです。

 

インパクトからフェイスが返っていくイメージでスイングしましょう。

 

右肘もインパクトの後で伸びていく方がパワーは出ます。

インパクト前で右肘が伸びているとパワーが出なくなってしまうので確認して下さいね。

感想と成果

ハンドファーストは手で作るものではなくスイングができていれば自然とそうなってくると思います。

 

ハンドファーストを作ろうと極端に手を飛球線方向に出してしまうとフェイスも開きやすくなり、

シャンクも出やすくなってしまいます。

 

できてくるようになれば腰の回転を早くすれば飛距離も伸びてきますよ。

 

ドライバーもボール位置が変わるだけでスイングは同じです。

 

手を返し過ぎると球の弾道も低くなってしまいますが、腰の回転を使えれば球も強い弾道で上がっていきますよ。

 

極端に左に飛ぶ場合は右の手のひらを下にかぶせすぎている場合があります。

その時は、右ではなく左手の甲の角度を意識してみて下さい。

左の角度で方向はコントロールできると思います。

 

なかなかスイングを変えるのは難しいですけど試してみて下さいね。

 

自分でもびっくりする球が打てるようになりますよ。

 

ゴルフスイングは下に振るだけ!力は横でなく下に使えば飛距離もUP

2018年3月31日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です