ダウンブローはフェイスターンを使う?ハンドファーストは失敗の元?

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

ダウンブローに打てるとアイアンは安定すると思います。

でも思ってるようになかなか打てないですね。

 

ダウンブローに打つコツは?

ハンドファースト?

フェイスターン?

 

アイアンが上手くなるとスコアが飛躍的にアップします。

ダウンブローに打てるようになるためのポイントを載せていきますね。

スポンサーリンク

初心者はハンドファーストを意識しすぎない方がいい

アイアンショットはハンドファーストでダウンブローで打てとよく言われました。

 

最終的にはハンドファーストに打つ必要があります。

でもハンドファーストを意識しすぎると、どうしても手元が前に出てしまいやすいです。

 

ハンドファーストは結果的にそうなっているだけで、ハンドファーストに打つと言う意識はない方がです。

初心者はフェイスターンを積極的に使おう

アイアンショットで球を上手く捕まえるにはフェイスターンが必要です。

 

ハンドファーストを意識してスイングしているとフェイスターン!?

ってなると思います。

 

クラブと言うのは回転しながら振っていかないと球は捕まらず方向も定まりにくいです。

 

インパクトを体の正面で打とうとすると体が開いたり振り遅れやすいです。

 

体の右側でフェイスを返してしまうくらいの気持ちでやって下さい。

それくらいで丁度体の正面で打てるようになります。

 

右足前でフェイスが返るくらいで丁度です。

 

感覚的には早すぎると思いますが実際は、それくらいのタイミングで丁度になってきますよ。

 

フェイスターンをするとヘッドが走るのが実感できると思います。

スポンサーリンク

体の正面で打つには何を意識する?

何のショットもそうですが体の正面で打つ。

これは大事な事です。

 

そのためには体は使いすぎない

 

体を使いすぎると肩が開き正面で打つことが難しくなってしまいます。

まずは手打ちするくらいの感覚でスイングして下さい。

 

 

インパクトの後で腰を回すくらいの気持ちでスイングしてみましょう。

土台となる下半身がぶれてしまうと上半身が不安定になってしまうんです。

 

下半身はドシっと踏ん張ってフェイスターンを使って、スイングすると上手く球を捉えやすいです。

スイングは横ではなく下に振ろう

スイングはどうしても横に振ってしまいやすいですね。

でも極端に言うと腕は下に降ろすだけです

体が回るので横に振っているように見えるんです。

 

ゴルフスイングは下に振るだけ!力は横でなく下に使えば飛距離もUP

2018年3月31日

 

上から下に振るとダウンブローに入りやすくなります。

 

球があるとどうしても横から綺麗にいれないといけないって思ってしまいますが、

横からヘッドを入れるのはかなり難しいです。

 

スイングの軌道の中に球がある。

 

アイアンショットは球に当たってからまだ下に押し込んでいくようにするとダウンブローに入ります。

 

その時はフェイスターンを使って球を潰すようなイメージです。

 

横ではなく下に振る。

 

これスイングでは大事ですよ。

最後に

アイアンショットはダウンブローに打てるようになると距離が安定してくると思います。

 

距離が安定してくると狙った場所に球を落とせるのでマネージメントがしやすいですね。

 

最初はダフッたりして上手く打つのは難しいですけどマスターして下さいね。

 

フェイスターンを使うとダフリは減るはずです。

怖がらずに力は下に向かって解放しましょう。

 

ハンドファーストのインパクトの形は左手の角度と腰が重要

2020年2月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です