小島漁港でフカセ釣り!グレを狙うならエサ取り対策は必須です!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

 

大阪の最南端部分に位置する小島漁港。

ここは波止の外向きと内向きでは、潮の流れも違うので釣れる魚も様々です。

 

たまにグレ狙いでフカセ釣りに行きますが、これから6月シーズンはそこそこのサイズも上がりますよ。

スポンサーリンク

エサ取り対策はしっかりしましょう

水温が上がってくるとエサ取りも活発です。

やはりこれを何とかしないと釣りにならない日もありますね。

ポイントと別の所に撒いてフグやベラは引き離したいですね。

足が遅い魚はいいのですがイワシやサバが回りだすとかなり苦戦します。

足が速いので何処に撒こうが寄って来てしまいます。

 

なるべく近くに撒いてポイントから引き離したいところです。

 

潮の流れの上流に寄せるとポイントから離す事ができますますが何せイワシは・・・。

 

ここは意外に釣れる場所が狭いのであまり遠くに投げるのは人が多いと難しいです。

テトラの上が平気ならそれなりにスペースは使えます。

 

外向きは潮の流れもそれなりに速いので、大き目のサイズが釣れますが、

潮の流れが速すぎて仕掛けが流され過ぎる時は内海の方が釣りやすいです。

内海でもそこそこのサイズは上がるので。

向かって左側が外海になります。

テトラからはグレを釣れやすいです。

 

右側が内海です。

防波堤の先端に入れれば、そこから内海に流して釣る事もできますが人がいると防波堤の真ん中あたりも狙い目です。

向かって上側の神社の方は少し水深が浅いのでフカセ釣りには厳しいかなと思います。

スポンサーリンク

撒き餌は工夫を

エサ取りの多い時期は撒き餌のオキアミも、少し工夫が必要ですね。

細かく砕くか、原型を残し気味にするかでも分かれます。

集魚剤は好みがあるので、一概にこれがいいとは言えませんが。

 

僕は半分は細かく砕いて、残り半分はある程度そのままで混ぜます。

様子を見ながら使えるし便利ですよ。

 

エサ取りが多い時は、原形近く残したオキアミを使い、

ハリには小さめの付け餌をつけると少し気づかれにくくなります。

 

細かく砕くと潮の流れに乗りやすいので広い範囲から寄せるにはいいですが、

どうしてもポイントが散ってしまいやすいです。

 

原型を残し気味にすると流れにくくなり、撒いた場所に留まるのでポイントを絞りたい時は向いてます。

 

集魚剤の比重を重めにして早く沈めたりするなど色々変えながら釣っています。

エサ取りをかわせば釣れる

撒き餌を撒いてグレを寄せたいのですが、やはりエサ取りも寄ってきます。

エサ取りの中にグレの姿も見えるので上手くかわして釣らないとダメですね。

運よくエサが入っていくとグレが釣れる事もあります。

ただサイズはそんなにないですが、小さくても引きは楽しめます。

コッパグレが多いですが中にはそこそこのサイズも釣れますよ。

 

20cmくらいは割に釣れます。

波止からでは磯ほどのサイズは厳しいですが。

 

エサ取りが多い時はパン粉が向いてると聞くので、パン粉でもチャレンジしてみたいです。

スポンサーリンク

まとめ

夏は比較的釣りやすいです。

ただ冬は北西の風の影響で外側ではほとんどフカセ釣りができないです。

 

やはり小島漁港は暖かい季節が一番ですね。

アジが釣れる時はエサ取りでも嬉しい魚なので、持って帰りますが小さなサバはどうしようって感じです。

ここはエサ取り対策の練習にもなるので、一度やってみて下さいね。

物凄い数のエサ取りがいますよ(>_<)

この時期はサビキ釣りで豆アジ狙いもありですけどね。

真夏の小島漁港でフカセ釣り!本命は釣れないけどこれも嬉しい魚です

2018年8月7日

 

アクセスはこちらを見て下さいね(^^)

大阪府南部と和歌山県北部の安全なお勧め釣り場を紹介します

2018年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です