腕の振り遅れは右にしか飛ばない・イメージと違う実際のスイングは?

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

 

この半年練習をサボっていました。

 

それでもコースに行けばそこそこのスコアで回っていました。

 

でも前回行った時はやってしまいました。

 

球が右にしか飛ばないんです(*_*)

 

原因は練習してないから腕の振りが体についてこなかったんです。

 

同じように思ってる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

イメージと違う現実のスイング

今まではコースに行くと最初の2ホールくらいで感覚は戻っていたんですが、

今回は最後までダメでした。

 

いつもと同じスイングをしているつもりなんですが、

打った後は右にしか飛ばない。

 

普段はどちらかと言うとフック系の球なんですが・・・。

 

体の回転は少なめにしているつもりでしたが、

自分が思ってる以上に体が早く回ってクラブがついてこなかったです。

 

やっぱりゴルフはクラブを振らないとダメだなって実感しました・・・。

 

腕を振らなければヘッドが追いつかない

コースに行くとOBにならないように打とうと思って合わせにいってしまいませんか?

 

でも結果、腕を振らずに体が先に回ってしまい振り遅れが出ます。

 

自分の中ではイメージ通りスイングしてるつもりなんですが、

周りから見れば

 

「全然振ってないよ!」

「合わせにいってるよ」

 

こういう風に見えているようです。

何処にいってもいいやくらいの気持ちでスイングは腕を振らないとダメですね。

 

腕を振らないとヘッドが戻って来ないので。

 

頭で分かっててもなかなか難しいです。

スポンサーリンク

飛ばそうと力むと余計振り遅れる

その日はひどかったので手打ちくらいの気持ちでスイングすると球は捕まります。

 

「そんなに振ってないのに飛んでるな」

 

 

正直、目いっぱいスイングなんてしていません。

でも距離もそこそこ出てるので、

 

「次はもっと飛ばしてやろう」

 

そう思ってスイングすると振り遅れます。

 

飛ばそうとすると肩が早く開いてしまうので振り遅れます。

 

やっぱりリズムって大事ですね。

 

体を早く回すよりヘッドを早く動かす方がミスは少ないです。

 

自分が思ってるより体が回るので、

体より腕を早く振る意識が必要でした。

 

ドライバーでスライスを直すには腕を振るのが大事です

2018年3月29日

最後に

元々、練習をする方だったので間が空くとこんなに変わるのかと思いました。

 

やっぱり練習しておかないと思ってるような球は打てないですね。

今回の反省点は、

 

・イメージと現実は違う

・体ばかり回さない

・腕を振る

 

練習せずコースに行くと調子も分からないので合わせたスイングになりやすいです。

 

やっぱり練習は嘘をつきませんね。

 

年を重ねるほど腕を振らないと距離も落ちるしスライスが出やすくなるなと思います。

 

コースで右に行く時は腕をしっかり振る!

 

これを意識したいと思います。

 

体ばかり回さず腕を振る。

 

参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です