登山初心者の装備と持ち物は何が必要?最低限揃えたいグッズは何?

登山に必要な装備もたくさんあって何を揃えればいいか難しいですね。

低い山を登るだけならまだしも本気の登山になってくると装備も変わります。

 

全て揃えるとなるとお金もかかるし、あまり使わない物も出てくるかもしれません。

 

今回は登山初心者が揃えておきたい最低限の物を紹介していきますね。

日帰り登山を設定した物になりますが。

 

これがあれば充分行けますよ!

スポンサーリンク

服装は軽装でOK?

季節や山によっては軽装でも登れます。

ただあまり普段着すぎると危険です。

 

服の材質もポリエステル繊維の物は速乾性に優れているので、こちらを選びましょう。

そして登山の服装の基本は重ね着です。

1枚厚手の物を着るより重ねて着る事によって、脱いで調整する事もできます。

 

パンツも伸縮性のある素材を選びましょう。

窮屈だと険しい道は危ないですよ。

動きやすくしておくのは大事です。

最低限の装備って何が必要?

身近な山でそんなに標高がない山の装備になります。

ザック・リュック

これがなければ何も始まりません。

どんな山を登るのも両手を空けておかないと危険です。

 

ザックも大きすぎず自分の体に合った物を選んで下さい。

荷物が多いからと大きすぎると必要以上に体力を奪われますよ。

これはお店でサイズを選んで買うのが一番だと思います。

登山靴

これもザック同様サイズが合っていないとかなり歩きにくいです。

 

防水加工をしてあるものを選べば間違いないですね。

 

山道は濡れている所もあれば川もあります。

雨以外でも足元は意外に濡れている事が多いので防水でないと染み込んできますよ。

靴は値が張ってもいい物を購入して下さいね。

レインウェア

山の天気は変わりやすいです。

濡れてしまうと思ってる以上に体温は奪われてしまいます。

 

これもあまり安い物だと長時間雨に濡れると防水効果が薄く染み込んでくるので、

少しいい物を購入して下さいね。

帽子

場所によっては直射日光に当たる事もあります。

何よりも少し頭を守ると言う意味でも帽子は必要ですよ。

 

これも大きめがいいですがキャップでも大丈夫です。

手袋

山によっては登山中に滑って転ぶこともあります。

素手だと怪我もしやすく危ないですよ。

 

これそんなに高くなくても大丈夫です。

僕は100均の物を使ってましたので。

タオル

汗も出るし首に巻いておくと虫よけにもなります。

2枚くらいあると怪我をした時も使えますよ。

持参しておきたい飲食

飲み物は必ず持参しましょう。

登山は想像以上に汗を流します。

しっかり水分補給ができる量は持参しましょう。

少し重いですが2Lあれば大丈夫です。

水だけでなく塩分も取れるようにしましょう。

 

飴もあると体力が回復します。

登山は糖分が必要になるのでこれも持参しましょう。

 

オニギリやパン。

登山は一度で食べると次に動きにくくなってしまうので少しずつ食べれる物を携帯しておくと便利ですよ。

 

頂上でお弁当を食べるって時はお菓子を持っておくといいですね。

スポンサーリンク

標高がある山を登る時は?

少し高い山になってくると少し増えてきます。

ストック

これはあると重宝します。

登山は前傾姿勢になるので支えがあると楽です。

 

ヘッドライト

これは緊急用になりますが万が一に備えて携帯しておきましょう。

 

ティッシュ

山によってはトイレ設備もありますが、髪がない時もあります。

かさばらないし入れておきましょう。

 

水筒

温かいものを飲んだりカップラーメンを作る時に便利です。

 

防寒具

春や秋は頂上付近になると気温はかなり違います。

天気によってはあると助かります。

スポンサーリンク

まとめ

低い山でも汗は出ます。

濡れたまま帰ると体が冷えて風邪をひきやすいので着替えも持って行きましょう。

 

初心者の最低限の装備を紹介しました。

いきなり富士山に登るって事もないと思うので軽装備から揃えましょう。

 

慣れてきて冬の登山にチャレンジする場合は少し装備も変わりますよ。

まずはここからスタートですね。

二上山登山は万葉の森から!初心者にはアクセス良くてお勧めです

2018年4月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です