身近な海の危険生物は?興味本位で触ったりしてませんか?

夏はやはり海水浴ですね。

家族やカップルで海に行く事も多いと思います。

 

でも海の中には、知らない生物もたくさんいると思います。

初めて見る生き物にはむやみに触らない方がいいですよ。

 

触れてしまうと腫れや痛みを伴う事もあります。

楽しい1日が散々な思い出になってしまいますので、

気をつけなければなりませんね。

スポンサーリンク

むやみやたらと触らない

温暖化の影響なのか環境が変わって来ているので、

海の中の生物も本来なら日本にいなかった生き物が出現しています。

海に行くと魚を取ったり、触りたくなりますね。

 

でも「ちょっと待って下さい!」

 

むやみに何でも触ってはいけませんよ。

 

痛いだけでなく、毒を持っているものもいるのでとても危険です。

 

見た目の大きさや色を見ても毒があるなんて思わない生き物も多いです。

 

見た目に騙されてはいけませんよ。

ゴンズイ

少し岩場などに近づくと岩の周りを泳いでいたり、岩陰に隠れています。

見た目は一見ナマズっぽいですが、背びれと胸びれの棘に毒があります。

 

刺されても命に別状はありませんが、激しい痛みと患部が腫れあがります。

 

刺された場合は、棘を取り綺麗な水で流してから、45度程のお湯に患部を浸して下さい。

毒はタンパク性なので熱によって編成するので温めるといいです。

ゴンズイは死んでいるものを誤って踏んでしまっても毒が出るので近づかないようにしましょう。

ガンガゼ

ウニの仲間です。

見た目は黒っぽくて長い棘を持っているのが特徴です。

 

岩の隙間に潜んでいる事が多く、気づかずに触ってしまいやすいです

 

棘はすぐに折れるので皮膚に突き刺さります。

棘の部分が返しになっているので刺さると取れにくいです。

これも棘を取り45度くらいのお湯で温めて下さい。

 

棘が取れない場合は病院に行って抜いてもらう必要があります。

スポンサーリンク

カツオノエボシ

これは本来、沖の方に生息していますが、

台風などの影響で海岸近くや海岸に打ち上げられています。

泳いでいても気づきにくく、触手に触れると刺胞と呼ばれる毒針を出します。

 

刺されると激痛が起こります。

 

強い毒があるので電気が走った様な衝撃を受けます。

 

クラゲに刺された場合は、患部に酢を塗るのがいいですが、

このクラゲに刺された場合は余計に毒が出るので逆効果なのでつけないで下さいね。

45度くらいのお湯で温めるか、冷水で冷やして下さい。

 

浜辺に打ち上げられている物にも決して触れないで下さい。

アカエイ

アカエイは砂浜にもいますが、海水浴などで人が多い所には寄ってきません。

 

人気が少ない場所にいるので、誤って踏んでしまうと刺されます。

 

アカエイも毒針を持っているので刺されると激痛が走ります。

刺された場合は、棘を取り患部を45度くらいのお湯で30分ほど温めて下さい。

 

なるべく病院に行って下さいね。

ダツ

これも危険な魚です。

 

この魚は光る物に突進してきます。

 

海の中でネックレスなどつけていると首筋に突進して突き刺さります。

海の中に入る時は、余計な物はつけずに入りましょう。

 

細長いけど口の部分が細く尖っているので見つけたら近づかないようにしましょう。

もし刺されたらすぐに抜くと出血がひどくなるのでそのままにして救助を呼んで下さい。

ウツボ

岩場付近に近づくと見かける事があると思います。

 

ウツボは毒はありませんが、歯が鋭く噛みつかれるとかなりの怪我を負います。

 

近づいてしまった場合、威嚇してきますがゆっくり離れると攻撃されにくいです。

ヒョウモンダコ

元々は暖かい地域に生息していましたが、近年の温暖化で日本でも多くみられるようになりました。

 

見た目は小さなタコですが、毒を持っています。

 

岩場や浅瀬の底を泳いでいますが、近づくと模様が表れ相手を威嚇します。

このタコに噛まれるとに神経毒なので超危険です。

呼吸ができなくなったりするみたいなので見つけても近づかないで下さいね。

 

見た目が小さいのでお子さんなどが見つけると触る可能性があるので。

クラゲ

海水温が上がって来るとクラゲも増えますね。

毒を持っていなくても刺されると結構な痛みが出ます。

 

ミミズ腫れになる事もあるのでなるべく近づかないようにしたいですね。

クラゲローションなどを塗っておくと少し刺されにくくなるので前準備も大事ですね。

スポンサーリンク

まとめ

身近な所に危険はありますね。

刺された時は、やせ我慢したりせずに以上を感じたら病院に行って下さいね。

 

海水浴場にはあまり出現しませんが、

人の少ない場所には何かいるかもしれないと思って行動しましょう。

 

海は安全に楽しみたいですね。

海水浴場のお勧め関西2018年!竹野浜海水浴場でキャンプを楽しもう!

2018年6月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です