力みはナイスショットを妨げる!インパクトで最大の力を発揮しよう!

最近いい感じにスイングができています。

ナイスショットが増えるとゴルフは楽しくなりますね。

 

ミスショットとナイスショットは紙一重だなと思います。

いいスイングをするにはやっぱり脱力です。

力みをなくせばゴルフは劇的に変わりますよ!

スポンサーリンク

力みが出るのは何故?

・真っ直ぐ打とう

・飛距離を出そう

 

そう思うと自分では力を入れてるつもりがないのに意外に力んでいたりします。

 

特に一番最初のティーショットの時は力みやすいです。

ここでミスすると今後に影響するので大切ですね。

 

僕の友達は飛ばし屋が多いので一緒にラウンドする時は、

知らずに力んでたりします。

結果引っ掛けたりしてミスをする事が多いです。

 

周囲に左右されず力まないようにするのが大切ですね。

 

ダウンスイングの切り返しのタイミングは?ここが決まれば上手くいく!

2019年8月18日

力まないようにスイングするには?

これ意外に難しいですが素振りと同じように振るのが大事ですね。

 

みんな素振りは凄く上手いと思うんです。

でもボールがあると邪念が出てスイングを乱してしまいません?

 

僕が気をつけている事はトップまで上げた後、

切り返しで脱力する事です。

ここでいきなり力を入れてしまうとインパクトの時に力は緩んでしまいます。

そして力みが出る事によって体が開きやすくなるなと思います。

 

力まず下ろせると体の開きも少なくなるのでナイスショットが出やすいです。

力を抜いて下ろすと少し振り遅れた感じがしますが、

早く力が入ると体が先に開いて逆に振り遅れになりやすいです。

 

ます切り返しでは脱力して腰までクラブが下りてきたら力を入れる。

ここら力を入れるとインパクトが力強くなります。

力むとインパクトで力は弱まりパワーロスに繋がってしまいます。

 

そしてトップに上げる時も力を抜くのも大切です。

ここで力むと後も力んでしまいますから。

スポンサーリンク

力みが減ると飛距離が変わる

ラウンドに行った時、最初のハーフは自分では力を抜いているつもりでしたが、

同伴者に「今日はリズムが早いな」と言われました。

 

確かに左に引っ掛けてばかりで真っ直ぐ飛ばないので距離も伸びませんでした。

意識しながらスイングして少しずつ力みが取れてくると、

飛距離が全く変わります。

ドライバーも50ヤードは変わりましたよ。

そして曲がり幅も減り、いいドローボールになりましたからね。

 

インパクトの前から力が入るとパワーがボールに伝わるので、

同じようにスイングしていても飛距離が伸びます。

 

スイングって少しの違いでこんない変わるんだなと実感できますよ。

 

腕の振り遅れは右にしか飛ばない・イメージと違う実際のスイングは?

2019年8月16日

最後に

ゴルフはラウンドする期間が少し間が空くと、

どうしても置きに行ってしまいますね。

 

真っ直ぐ打とうって思うと変な力が入って余計曲がったりします。

正直何処に飛んでもいいやと思うくらいスイングする方が安定するなと思います。

 

力を抜くタイミングと入れるタイミングを覚えるとインパクトの時の音が変わります。

トップから切り返しの脱力を意識してやってみて下さいね。

これができると飛距離は間違いなく変わるので(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です