セルフカットメンズの切り方は!?自然に見せるカットのやり方は?

髪を切りに行くの面倒だな。

ちょっとくらい自分で切ってもいける?

 

前髪くらいなら自分で切った事があるのでは?

全体切るとなると、失敗も覚悟しなければいけないですが。

 

でも「意外にいけるじゃん」と成功する事もあるでしょう。

少し知識があると大きな失敗はしなくて済みますよ!

スポンサーリンク

セルフカットに使う道具は?

シザー(髪を切るハサミ)

セニング(梳きバサミ)

レザー(カミソリ)

 

この3つがあれば大丈夫です。

後ろの生え際や耳周りはレザーがあるとやりやすいです。

生え方に合わせてカットしよう

これ重要です。

 

生え方を無視して切ると、思いもしない髪型になってしまいます。

自分でもある程度把握できていると思いますが、合わせ鏡をして襟足などもチェックして下さいね。

 

特にツムジの影響は大きいです。

 

二つある方も多いので確認して下さいね。

切り始めはどこからカットする?

スタイルによって変わりますが基本横の長さを決める方が早いと思います。

 

鏡を見ながら長さを切っていくとイメージしやすいです。

 

 

※ツーブロックにする場合はしっかり分けてから切って下さいね。

 

スタイルによって上から切るのも大丈夫ですよ。

 

乾かしてして切る方がイメージしやすいですが、乾いているとレザーは切れにくいし痛いです。

レザーを使う部分は濡らした方がいいです。

 

ハサミだとブツッとした感じが残るので耳周りや襟足などの生え際はレザーがいいですよ。

スポンサーリンク

段の入り方を知ろう

少し見にくいですが下の画像を見ると、水平に引き出した時、上より下の方が長い事をレイヤーと言います。

逆に下より上の方が長い事をグラデーションと言います。

これは一番上はレイヤーですが下はグラデーションになってますね。

頭の全部が同じ長さの事をセイムレイヤーと言います。

ヘアスタイルは主にこの3つからできています。

引き出す角度で長さは変わります

頭の形に沿って切っていくと、全部同じ長さになります。

襟足から切り始めたとして、あまり角度を持ち上げないで下の方で切ると、上の方が長いグラデーションになります。

逆に、角度を持ち上げていくと上の方が短いレイヤーになります。

最初にどんな風にしたいかで切り方も少し変わってきます。

トップの方を短くして、前髪を長く残すと次のようになります。

この時も、上の方に少し引き寄せて切ると前髪は長くなります。

四角形をイメージすると、縦同士は同じ長さですが、斜めは縦より長くなりますよね?

最初に切った所に引き寄せる事によって長さを変えれます。

引いて切った分、元の位置に戻すと長くなりますね。

 

全体を切ったら色んな方向から髪を引き出して飛び出る髪があれば切って下さいね。

その時も引き出す角度によって変わるので、残したい髪は切りすぎるとなくなってしまうので注意して下さい。

男性は前髪に気をつけよう

男性は、生え際がMになっている方が多いです。

普通に切ってしまうと、生え際のない所が薄くなりやすいので、前髪は別にしておくのも一つの方法です。

上などは短くして、前髪は長く残したい場合は有効ですよ。

全体切った後にバランスを見ながら切るといいですよ。

前髪は特に大事な部分なので失敗しないためには慎重に切って下さいね。

毛先を崩してカットする

正直自分で切る時は、あまりにも綺麗に切るよりも少し崩すと後がやりやすいです。

ハサミも真っ直ぐ切らずに、縦に入れて少しギザギザをイメージするといいですね。

真っ直ぐブツッとした感じが残るとそれを消すのに後でかなり大変なので。

あまり深く縦に入れる必要もありません。

全体切ってから最後に梳いたり、縦に深く入れて毛先を作ればいいので。

梳く時は梳きすぎに注意しましょう

市販の梳きバサミは量を多く梳けるので普通に使うとたくさん梳けすぎます。

全体を使わずに、刃先で少しずつ切ると馴染みやすいですよ。

量が多く切れる梳きバサミでいっぺんに切ると、梳いた所に切り口が出て線になりやすいので。

梳くのも少し重いかな?

と思うくらいで一度スタイリングしてみて下さい。

トップなど立ち上がりをつけたい所は少し根元から梳いたら立ちやすいです。

でも全部をそんな風にしてしまうとまとまらないので、あくまで部分にして下さい。

基本半分までがいいですよ。

やりすぎると元に戻せないので。

頭の形に合わせてカットする

頭全部を考えると難しいです。

頭のハチで上と下で考えます。

ハチより上は頭の形に沿って切ると失敗しにくいです。

そしてハチより下を切って、最後にハチ回りで上と下をつなげるとやりやすいです。

ハチ回りは長すぎても頭が大きくなってしまいますが、

短くなりすぎても立ってしまうので長さを切るのも様子を見ながら切るといいですよ。

上は上。

下は下。

最後につなげる。

生え際や耳周りはレザーで切る。

最後に梳く。

いっぺんに切らず頭の形に沿って部分で分けるとやりやすいです。

スポンサーリンク

まとめ

自分で切るのも慣れないと難しいですが、最初は前髪だけ。

見える範囲を切って慣れていく。

いきなり全部はかなり大変です。

特に後ろは見えないので感覚になると思います。

ここは短くする。

ここは残す。

とイメージなしで切るとただ短いだけの髪型になってしまいやすいので。

少しでも参考になれば幸いです。

 

若白髪と抜け毛の原因は?対策にはマッサージが効果が高い?

2018年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です