水分不足は体に悪影響を及ぼす!喉の渇きを感じたら脱水症状の可能性!

いつも水分ってどれくらい摂っていますか?

普段から意識的に摂取している人もいれば、あまり摂取しないって方もいますね。

 

私はどちらかと言うと少ない方です。

仕事柄、あまりトイレに行けないのでどうしても減らしがちです。

でも水分不足って笑い事じゃないんですね。

体に及ぼす悪影響を挙げていきますね。

1日に水分はどれくらい必要?

よく一日に2L飲みなさいと言われます。

量にすると中々です。

こんなに飲まないといけないの!?

 

でも飲み物だけでなく食べ物からも水分は摂取しているので、

こんなに飲まなくても大丈夫みたいです。

 

人間の体から一日で排出される水分量は

尿 1000~1500ml

便 約900ml

呼吸など 100ml

合計 2000~2500ml

量にすると約2000~2000mlの水分が失われています。

逆に考えるとそれだけは摂取しないといけません。

 

摂取水分の内訳は

食事 1000ml

体内での代謝水 約200ml

飲料水 800~1300ml

合計 2000~2500ml

飲料水以外からも水分は摂取できるので2Lもいらないんですね。

およそ1Lを目安にしましょう。

 

ただ運動したり汗をかいた時は1800mlは飲料水から補給しましょう。

水分の正しい補給の仕方は?

こまめに少量ずつ飲む人もいれば大量に飲む人もいます。

でも1Lを飲むのも一度で飲んでしまうのは問題です。

 

 

大量の水分を一気に摂取すると胃に負担がかかってしまいます。

 

消化不良の原因になりバテやすくなってしまいます。

 

一回200mlほどの水分を数回に分けて摂取するのが理想です。

朝起きて一杯、10時と3時の休憩時、入浴前後、就寝前、3度の食事。

コップ一杯を目安にこまめに摂りましょう。

一度に大量摂取してもすぐに尿で出ていってしまいますよ。

 

寝る前の水分補給摂りすぎてませんか?コップ一杯の水を目安にしよう

2019年8月2日

 

飲料水なら何でもいいと言うわけではないです。

 

普段、汗をかいていない時は水道水でも大丈夫です。

ミネラルウオーターはミネラルも入っているので補給には最適です。

炭酸水も水分補給はできますが、量を飲めないので水分を補うのは難しいですね。

 

運動後や汗を多くかいた時はスポーツドリンクが最適です。

ただ糖分が多く含まれているので日常に摂取するには向いてないかもしれないです。

緑茶・コーヒーは利尿作用があるので向いていません。

麦茶はカフェインを含まずミネラルを含んでいるので大丈夫ですよ。

水分不足になると体に及ぼす悪影響は?

水分が不足すると尿の量が減ってしまいます。

老廃物を排出するのが困難になり、体にナトリウム等が蓄積しやすくなり浮腫み・高血圧の原因になってしまいます。

 

そして肌にも影響は表れます。

皮膚がカサカサになったり乾燥しやすくなってしまいます。

 

血液中の水分が不足するとドロドロになり血栓ができやすくなります。

 

水分が不足すると症状も出てきます。

1%・・・喉の渇きを覚えます

2%・・・脱水症状が始まる

5%・・・脱水症状、熱中症の症状が出る

10%・・筋肉が痙攣する、循環器不全が起こる

20%・・死に至る危険値です

年齢を重ねていくと筋肉が減少し水分量が減ってきます。

水分は意識して摂取するようにしましょう。

水分が少ないと尿も出にくくなり老廃物を出しにくくなってしまいます。

最後に

たかが水分と思いがちですが不足すると体に悪影響を及ぼしますね。

一日の必要水分量はしっかり摂って健康を維持しましょう。

 

ただ逆に飲みすぎても水中毒になり血液中のナトリウム濃度が薄くなってしまう事もあるようです。

サウナ後に冷たい水を飲みすぎるのも薄くなってしまいます。

 

高濃度のナトリウムを含んだ飲み物を摂ると喉が渇きます。

普通(塩分の入っていない)の水分を体は欲します。

 

血液中のナトリウム濃度を体が保とうとするためです。

 

水分が増加しすぎると腎臓の処理能力を超えてしまうので注意しましょう。

 

飲み方も気をつけてこまめに摂取しましょう。

水分補給の摂り方間違ってませんか?水分は摂りすぎても体に毒ですよ!

2018年8月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です